1. 部下の教育にも使える!例え話がうまい人が仕事で有利な理由

部下の教育にも使える!例え話がうまい人が仕事で有利な理由

by TechCrunch
 ビジネスの様々なシーンで例え話を用いる事があります。なぜわざわざ例え話をしなくてはいけないのか。例え話をすることによるメリットなどを解説していきます。

 ビジネスでは、相手に伝わることが重要です。そのためであれば、例え話も必要になるでしょう。どのようなシーンで必要になるかなど、具体的事例も交えてお伝えします。

ビジネストークで例え話が必要なシーン

 ビジネストークをするにあたって、例え話を用いらないと伝わらないことがあります。なぜなら特殊な業務を説明する際に、相手が今まで経験したことがないサービスの提案だった場合、具体的なイメージを伝えることが重要になるからです。

 そこで一旦説明をした後に伝わっていないようであれば、例え話を用いて説明する必要があります。例え話は、相手の得意分野や相手の知っている内容に置き換えて話すため、よち理解を深め、具体的なイメージを伝えることができるでしょう。

 ビジネストークでの例え話は、前提として最終的に何を伝えたいかを明確にして、その中で相手の得意分野での例え話をするといいでしょう。

部下の教育にも必要

 部下の教育などでも例え話は重要です。部下が今までやったことのないことや、理解ができない考え方を教えるには例え話が必要となります。

 部下も説明されている際に、例えが提示されていれば、言っていることがイメージしやすくなりますし、もう一度聞きにくるといってことも少なくなるかもしれません。

例え話がうまい人は相手のことを理解している

 ビジネストークで例え話がうまい人は、実は相手をよく観察し理解しようとしている人です。例え話をする上で、例えた話が相手が経験していないような話だと無駄になるばかりではなく、相手を余計に混乱させてしまうでしょう。

 例え話をするには、それなりのボキャブラリーも必要になりますし、相手の興味のある話を常に観察する必要があります。

 ビジネストークにおいて例え話を用いることは、相手の理解度を深め、相手への興味を深め様々なビジネスシーンで役に立つでしょう。普段から様々な分野に興味を持ち、どのような相手とも例え話ができることが、ビジネスでの成功の鍵となります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する