1. 経営効率化の切り札!企業がアウトソーシングを有効活用する3つのメリット

経営効率化の切り札!企業がアウトソーシングを有効活用する3つのメリット

by stevendepolo
 経営を効率化させるための方法はいろいろなものが考えられますが、その中の一つにアウトソーシングの活用という方法が挙げられます。作業を自社で行わず、外部企業に委託するアウトソーシングは、経営のスリム化を目指す企業の間で積極的に導入され、今では多くの企業がアウトソーシングを活用して経営の効率化に成功しています。

 なぜアウトソーシングを活用すると経営が効率化するのでしょうか。今回は、企業がアウトソーシングを有効活用するメリットについて解説します。

1.コスト削減

 業務の一部をアウトソーシング化することで、その業務に携わっていた人員や設備に対するコストが不要になり、経営効率が改善されます。経営にかかるコストとは、直接的な人件費や設備費だけにとどまりません。特別なスキルが求められる業務であれば研修や能力開発のコストがかかりますし、導入した設備が必ずしも最適な効率で運用できるとは限りません。

 アウトソーシングを導入すれば、人材の雇用や育成、福利厚生に必要なコストを削減することが可能になり、設備費や設備を設置するためのスペースも不要になります。企業は導入した設備をフル稼働できるとは限りません。高い費用を払って導入した機械でも、稼働率が悪ければコストは高くなってしまいます。

 アウトソーシングはいわば外部企業を利用して経営資源の集中を行っているともいえますから、無駄なコストを省きたいときに大きな効果をもたらします。

2.固定費用の削減

 業務のすべてを自前でまかなおうと考えた場合、最低限経営に必要な固定費用が増加してしまいます。企業の業務は、一年を通じて平均的な需要があるわけではありません。デパートであればボーナス商戦の時期や年末年始の大売出しの時期には販売員の人数を増やす必要がありますし、観光地では土日や祝日に需要が集中するため、平日と休日では必要な労働力に大きな差が生まれます。

 業務をアウトソーシングすることで労働力需要に応じて業務を発注することができますから、オフシーズンに余計な人材や設備を抱える必要が無くなり、必要な時に必要なだけ業務を実行することが可能になります。

 急激な需要変動に備えて余剰人員や余剰設備を抱えておく必要が無くなりますから、より最適な経営に近づくことができるでしょう。

3.専門性

 企業が必要とする仕事の中には、高い専門性が求められる仕事があります。そのような専門性が求められる仕事の場合、それを担当する人材を雇おうとすると、専門知識を持った人材の雇用にはそれだけ高い給料がかかりますから、経営の大きな負担になってしまいます。

 専門性が必要な仕事に関しては、アウトソーシングをしたほうが質の高い仕事が期待できます。その業務を専門に行っている企業であれば高いスキルを持った人材をそろえていることが期待できますし、わざわざ自前で雇うよりも少ない費用で仕事を依頼することができるでしょう。

 例えば顧問弁護士などは、企業の法務として欠かせない存在ですが、弁護士資格のある人間を社員として雇用している企業は少数派です。これは弁護士業務が日常的に必要ではない仕事であるからであり、必要になった時だけ弁護士業務を依頼する方がコストが安く質の高い仕事が期待できるからです。


 以上のようにアウトソーシングのメリットを活用することで、企業経営の効率が改善されます。企業の業務改善を考えている方は、アウトソーシングを有効活用することをお勧めします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する