1. 【部下の本音】嫌われる上司の実態をリアルな意見から分析してみた。

【部下の本音】嫌われる上司の実態をリアルな意見から分析してみた。

 部下を持つ上司であれば、一度は上司部下関係に頭を悩ませたことはあるのではないでしょうか?どうせなら一緒に仕事をする部下には嫌われたくないものですよね。今回は部下の本音をもとにどんな上司が嫌われてしまうのか見ていきましょう。

嫌われる上司パターン1:自分が一番!ジャイアン上司

自分が絶対的に正しくて、周りが間違っていると思い込んでいる人に多いようです。部下からの報告も自分の目で見るまで信じないことが少なくありません。いわゆるジャイアンタイプの上司です。部下が提案してきても、自分の考えに合わなければ却下。自分が決めることが絶対。でも自分の上司から言われると、手のひらを返したかのようにOKを出してしまう。そんな姿を見て、部下は失望しているに違いありません。

出典: ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:今こそこんな上司は辞めなさい ...
 このタイプの上司は「自分の意見が正しい」と信じている傾向が強いです。また部下の話にも否定的な言い返しをしてしまいます。こんな態度では部下も信頼出来ないでしょう。

 さらに自分より偉い立場の人には、すぐにでも頭を下げるのもジャイアン上司の傾向。仕事においては信頼が何より大切です。部下に対しても謙虚な姿勢が大切ですね。

嫌われる上司パターン2:責任逃れ上司

 この上司は「いや...」「部下の◯◯が...」とすぐに言い訳をします。

 そんな責任の逃れ上司の行動は以下のとおりです。

上司の指示に従って作業したのに、さらに上の上司が間違いを指摘。その時上司は「その通りです」と同調し、私を叱った(29歳・半導体設計)

出典: 責任逃れ上司が最悪!好き&嫌いな上司部下ベスト10|【Tech総研】

私は20代の会社員です
ある取引の事で上司に相談しましたところ「全責任は私が取るから勝負しなさい」と言われ全力で取り組みましたが結果を出す事が出来ませんでした。

その後、上司は自分に相談も無く勝手な行動をしたとデタラメな事を上に報告し私一人が処分の対象になりかけています。
以前、自分が成功した時は良いところや手柄は全部自分が横取りし失敗すれば全て部下の責任・・・・。
こんな事は社会では日常的な事なのでしょうか?
まったく腹が立って仕方ないです。

出典: 全ての責任は私が取ると言っておいて取らない上司 - 社会・職場 - 教えて ...
 本人が責任逃れをしている自覚がない場合もあります。知らないうちに自分に甘えた行動をとってしまっても部下はきちんと見ていますので注意が必要そうですね。

嫌われる上司パターン3:とにかく気分屋!部下を振り回す上司

 気分屋上司は気分で仕事をしてしまう傾向があるので、無茶ぶりで仕事を依頼してしまうようです。相談を受けてもあまり深く考えていないこともあります。

相談しても何ら解決策が提示されず、こちらから提案しても却下される。スケジュールにやたらうるさいが、遅れたらガンバレ以外の方針がない(29歳・システム開発Webオープン系)

出典: 責任逃れ上司が最悪!好き&嫌いな上司部下ベスト10|【Tech総研】
 行動に一貫性がないと部下を困らせてしまうようです。気分屋だと捉えられてしまわないよう話や行動に注意が必要そうですね。


さらに驚愕のこんな上司達も居ました

やけに体育会系上司

体育会系すぎて休日に部下を連れて皇居の周りを一緒にマラソンさせる。(来ないと職場でもちろん干される)

出典: 本当にいた最悪な上司・絶対職場で超エラそうにしてる人の特徴 / Twitter ...

清潔感に欠ける上司

口臭がヒドすぎて商談中にクライアントの気分を精神的にも肉体的にも悪くさせる

出典: 本当にいた最悪な上司・絶対職場で超エラそうにしてる人の特徴 / Twitter ...

嫌味な上司

ある日有給休暇を取りたいと申し出た際、有給休暇を取ったことで業務に支障が出た場合、懲戒処分もあると嫌みを言われた(34歳・品質管理)

出典: 責任逃れ上司が最悪!好き&嫌いな上司部下ベスト10|【Tech総研】


 部下は自分が思っているよりも上司の背中を見ています。ここで紹介したタイプに当てはまるかどうかは定かではないですが、くれぐれも嫌われる上司予備軍にならないよう気をつけてみて下さいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する