1. 【毎日2時間睡眠でも問題なし!?】圧倒的に少ない睡眠時間でも翌日パワフルに働く方法

【毎日2時間睡眠でも問題なし!?】圧倒的に少ない睡眠時間でも翌日パワフルに働く方法

 ビジネスマンにとって「睡眠時間の確保」は永遠の課題と言って良いかもしれません。よく「2時間しか寝れなかったよ」という言葉を耳にしますが、2時間でも良質な睡眠をとるには、どんなことを心がけるべきなのでしょうか?

「2時間睡眠」でも問題ない時代がくる!?

世界初の多相睡眠コントロールシステムによって多相睡眠のサイクルを可能にし、30分睡眠を1日4回行うだけでパワフルに1日中動くことができる効率的な睡眠をもらたしてくれるアイマスクが「Neuroon」です。

出典: 世界初の睡眠コントロールで1日2時間睡眠を可能にする「Neuroon ...
 技術の発展で、とうとう2時間睡眠でも睡眠不足になることがないデバイスが生まるそうです。このデバイスの登場で「昨日、2時間睡眠だったんだよね。ツラいわ」と言われる機会がなくなるかもしれませんね。

1. 軽い断食を行うのが効果的!

プチ断食では、体に溜まっている余分なものを集中的に排出しますので、内臓の負担も少なくなり、睡眠時間も短くなることもあります。

出典: 睡眠時間を短くするには :プチ断食の効果 - プチ断食@専科
 「よく食べてよく寝る」とは昔からよく言ったものですが、睡眠時間を短くする上で食事量を増やすのは厳禁。いつも以上に食事量を減らさなければなりません。

2. 夏は26~28℃、冬は18〜23℃の室温を保つ

夏は26~28℃、冬は18〜23℃が最適な室温だとされています。換気やクーラーを利用し、就寝前後1〜2時間はこの室温を保てるように工夫しましょう。

出典: 健康重視!短時間睡眠でも疲労をばっちり回復するための4ステップ | iGotit
 寝方ではなく、睡眠の環境にも目を向けましょう。夏はクーラーをかけて部屋を冷やしておくと、最初は気持ちいいかもしれませんが、それは後々睡眠の邪魔になるので、季節事に最適な室温を知り、その室温を維持するのが鉄則です。

3. ふかふかベッドはNGだった…

ふかふかのベッドの上に沈み込み気持ちいいものですが、実はからだには相当な負担がかかっています。からだがベッドに沈み込むということはからだを支える部分の表面積が広いというのと同じことなのです。ふかふかの布団、ベッドは、からだが不自然に沈み込んでしまうので、熟睡できないだけでなく健康にもよくありません。

出典: 次のページ - 短時間熟睡法―短時間睡眠のススメ。不眠症を脱却 - FC2
 硬めのベッドとふかふかのベッドを比較すると、一見ふかふかのベッドの方が疲れがとれ、良質な睡眠が出来そうですが、そうでもないようです。思い切って、硬めのベッドや枕に挑戦してみてはいかがでしょうか。


 2時間睡眠にはマイナスなイメージが強いと思いますが、成功者などを見てみるとショートスリーパーは意外と多いもの。活動時間を最大限増やし、貪欲に成長のチャンスを掴みとろうするのも若いビジネスマンには必要なのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する