1. 【決断力を高めるための判断基準】スムーズに意志決定をするためには何を考えれば良いのか?

【決断力を高めるための判断基準】スムーズに意志決定をするためには何を考えれば良いのか?

 決断力を高めることは、スピード化が求められるビジネスにおいては不可欠と言えるでしょう。どれほど難しい問題に直面したとしても、長く考える時間を与えられることなく、何らかの意思決定を求められることもしばしばです。

 だからといって、それを直感で決めることはできず、ある程度の判断基準を持つことを求められます。そのような状況での決断力を高めるための、意思決定の考え方とはどのようなものでしょうか。

素早い行動を求められることを意識する

 何かしらの意思決定を求められる時には、素早い決断力を必要とします。まずは何かしらの決断をしなければならないことを、心にとどめておくべきです。何もしないことは、選択肢には無いということ。迷っていても、良い考えが浮かぶわけでもありません。最初にその強い意志を持つことは大切になります。

問題の本質を探す

 決断力を高めるには、どのようなアプローチで意思決定をするかを考えなければなりません。まず最初にすべきことは、問題なり課題の本質はどこにあるのかを知ること。これがわかれば、ほとんど意思決定できると言ってもよいでしょう。

 なぜなら、そこから導き出す決断はおそらく、すべき事だからです。どれほど表面上は複雑に見える問題であっても、その根本は単純な事であるケースが多いのです。

判断基準をあらかじめ決めておく

 問題の本質を見極めることができたなら、次は決断を下す意思決定となります。ここで、自分なりの判断基準に照らし合わせ、意思決定をすることになります。自分にとって最も優先すべきこと、大事なことは何かということです。

 それに照らし合わせることで、切り捨てるべき選択肢が分かるようになり、意思決定はすぐにできるでしょう。あとはその決断をするのみです。おそらく、それが難しいところは、他にもっと良い方法があるのではないかと迷うことではないでしょうか。

 しかし、少なくとも自分が最優先すべきことは確保できるので、その他は犠牲にしてもよいという割り切った考えは必要です。それができないことには、いつまで経っても決定を下すことはできないでしょう。


 以上のことからわかるのは、決断力を高めるための意思決定の考え方とは、最低限優先すべき事だけを残し、他は犠牲にする潔さが必要ということを理解すること。すぐに意思決定できないような状況下では、ベストと思える意思決定はできないのですから、そこをあえて決断力を持って決める際は何かしらの犠牲はやむを得ないということになります。

 それよりも、自分の判断基準、重要視することに照らし合わせ、いかにブレない意思決定をするかを考えれば良いでしょう。それを徹底することにより、決断力は高められていくはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する