1. 仕事の失敗からスッキリ立ち直る方法!やるべきことをやれば不安は取り除ける!

仕事の失敗からスッキリ立ち直る方法!やるべきことをやれば不安は取り除ける!

by 1968 Dodge Charger R/T | Scott Crawford
 仕事で失敗をして落ち込むことは、誰にでもあることだと思います。失敗は褒められたことではありませんが、それで落ち込むのは社会人として正しい姿でしょう。けれど、いつまでも落ち込んでいては、失敗をリカバリーすることもできません。いつまでも引きずらず、ミスのケアや、新たな仕事に取りかかりましょう。仕事で落ち込んだときに、立ち直る方法を紹介します。

原因を究明する

 仕事で失敗したとき、重要なのは後悔ではなく、反省をすることです。なぜ失敗をしたのか、ただグチグチと悔やむのではなく、原因を冷静に追求しましょう。悔しさや悲しさ、腹立たしさには、一時的にでもしっかりと蓋をして、冷静さを取り戻すことが大切です。

 このとき、他の人が失敗の原因だとしても、失敗それ自体を相手のせいにしてはいけません。「あいつが悪いんだ」で終わってしまっては、なんの解決にもなりません。なぜ他人の失敗を放置してしまったのか、その原因を考えましょう。

対策を考える

 失敗の原因がわかったら、その対策を考えましょう。どんな失敗にせよ、同じ失敗をしないための対策は必ずあります。その対策を、できるだけ早く考えだしましょう。その場でできることでなければ、考えてメモしておくだけでも構いません。

 ただ「注意しよう」と意識するだけでなく、「同じ失敗はこれでありえない」というシステムを構築してください。それができれば、落ち込んでいた心はかなり軽くなっているはず。

周囲へのケアをする

 失敗の残務処理をあなた自身が行っている場合でも、周囲には必ず、迷惑をかけた人がいます。被害を被った相手には、かならず誠意を持って謝罪をしましょう。「気にしなくていい」と言われることもあれば、罵声を浴びせられることもあるでしょう。

 このときも、大切なのは冷静さです。心を落ち着かせて相手の感情を柔軟に受け止め、誠意を素直に伝えましょう。状況によっては、失敗を防ぐ対策をとったことを伝えるのも、誠意の示し方の一つです。周囲のわだかまりが解ければ、すっかり立ち直ることができているでしょう。


 十分に反省と対策を行えば、仕事の落ち込みはかなり解消されます。仕事の失敗から素早く、スッキリと立ち直る方法は「やるべきことはやった」という気持ちを手に入れることなのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する