1. 【自分には得意なことがない…は妄想だった】自分にしかない圧倒的な強みを見つけ出す方法

【自分には得意なことがない…は妄想だった】自分にしかない圧倒的な強みを見つけ出す方法

by kingfisherphoto.com
 仕事でどの分野も他の社員より、上手く進めることができないと悩んでいる人は少なくありません。こうした得意なことがないと悩んでいる人は、どうしてもネガティブな思考に偏ってしまいがちなため、得意分野を見つけ、活かしていくことが大切です。得意分野が見つかれば、自分に自信を持てるようになり、さらにキャリアアップのペースも早くなっていくでしょう。

 ただ、「そう簡単に得意なことが見つかれば苦労しない…」と言うのが、得意なことがない人の本音でしょう。そこで、以下では得意なことがない人が得意分野を見つけるための方法について紹介したいと思います。

1. 好きなことを結びつける

 どんな人であっても、好きなことはあるはずです。「好きこそものの上手なれ」ということわざにもあるように好きなことであれば、他人よりも上達するスピードが早かったり、継続して続けることが出来るので、好きなことを仕事に結びつけるよう工夫してみることが得意分野を見つけるポイントとなるでしょう。

 なかなか趣味がそのまま仕事に直結することはありませんが、少し見方を変えてみると「もしかしたら仕事にも役に立つかも…」といったものを見つけることは、それほど難しいことではないでしょう。

2. 周りに聞いてみる

 周囲の同僚や友人、家族などから自分の得意なことについて聞いてみるのも良い方法の1つです。人は意外と自分自身のことには気付きにくいため、自分が得意ではないと思っていたことが他人から見ると、得意に見えるということは珍しくありません。

 また、第三者からの評価は自身で行う主観的な評価に比べると客観性が高いため、得意分野の中でも秀でたものとなる可能性が高いのです。

3. 新しい仕事・苦手な仕事にも積極的に取り組む

 得意なことがないと悩んでいる人は、どちらかと言うと新しい仕事や苦手な仕事へのチャレンジを避ける傾向にあります。これでは、得意分野を発見するのは難しいのが実情です。

 新たな仕事や苦手な仕事の中には、得意分野を見つけるためのヒントが隠されていることが少なくないので、取り組んでみる前からネガティブなイメージを持たず、積極的にチャレンジしてみるようにしてみましょう。また、苦手な分野も続けていくことにより、本質やコツを見抜き得意分野へと昇華させることができるケースもあります。


 以上、得意なことがないと悩む人への得意分野を見つける方法でした。得意分野を持っている人というのは、自分に自信を持って行動できるようになり、結果も付いてきやすいもの。ですから、得意分野がないという方もぜひ、得意分野を見つける努力からはじめてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する