1. 出世する人はここが違う!評価を確実にモノにする立ち振る舞いとは?

出世する人はここが違う!評価を確実にモノにする立ち振る舞いとは?

by Nanagyei
 企業に勤めていれば誰しも出世を願うものですが、上のポジションというのは限られており、誰でも就けるものではありません。そして、上位のポジションに就く人というのは、単純に能力の高さや経験の豊富さだけでなく、立ち振る舞いにも特徴があります。どういった立ち振る舞いが出世への近道となるのかという点も知っておくようにしましょう。

1.他人を思いやる謙虚さと感謝

 ライバルを蹴落としてでも出世してやろうと考えている人というのは、自然と周囲に敵が多くなってしまい自分から出世の道を閉ざしてしまっているようなものです。将来的な視点で出世を考えるのであれば、周りの同僚や上司などはすべて自身が成長するために必要な人なのだと考え、感謝の気持ちを持って接することが大切です。

 心の底からこうした謙虚な姿勢を取ることが出来れば、あなたに対して敵意を向ける人は居なくなり、必要とした時にはサポートしてくれる強い味方となるでしょう。

2.空気を読む

 日本人は外国人に比べると、言葉ではなくその場の雰囲気で察するという傾向が非常に強いことで知られています。そのため、日本の企業に勤めながら出世を目指すのであれば、空気の読める人材でなければなりません。

 しかし、空気が読める人材とは具体的にどういった人なのかというと、そう簡単に答えの出せるものではありませんよね。ですから、無理にはじめから空気が読める人間になることを目指すのではなく、注意力・観察力を付ける努力をすることをオススメします。

 他人の表情や話し方、仕草をしっかりと注意して観察していると、自然に今その場でどういった発言や態度が求められているのかということを察することが出来るようになります。このように注意力・観察力を付ける努力を続けていれば、意識せずとも自然と空気の読める人になることができるはずです。

3.得意分野を作る

 仕事の中で得意分野を作ることも出世に近づく立ち振る舞いに欠かせません。何でもそつなくこなせるジェネラリストは、企業からすると扱いやすく便利な存在ではありますが、それ以上の存在になることは容易ではありません。

 一方、専門性の高い得意分野を持っておくと、その分野を武器に自身をアピールしやすくなり、出世への道が近づきます。また、転職してキャリアアップしようという際にもジェネラリストよりプロフェッショナルのほうが高く評価される傾向にあります。


 以上、出世したい人が意識すべき立ち振る舞いでした。紹介したポイントはどれも出世するために大切な要素となりますので、常に意識するように努力し、最終的には無意識でもそうした立ち振る舞いが出来るようになるように取り組んでいきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する