1. 重要なのは組み合わせる力!仕事でつかえる創造力とは?

重要なのは組み合わせる力!仕事でつかえる創造力とは?

by archer10 (Dennis)
 創造力を必要とするのは、何もクリエイティブな仕事に限った事ではありません。新しい意見やアイデアの提案、業務の改善にも創造力は必要とされます。仕事をする上に役立つ創造力とはいったいどんなものなのでしょうか。

創造力とは既存のアイデアの組み合わせ

 創造力とは通常、すでにあるアイデアの掛け合わせから生まれるものだと言われています。もちろん、全く新しいアイデアを思いつく場合もありますが、大抵は既存のアイデアを活かすことが取っ掛かりとなります。

 そのためには、あらゆる情報を整理することです。持ち合わせの情報からアイデアを掛け合わせるという作業を通して、創造力は発揮されます。つまり、創造力を高めるためには、まず観察力を鍛えること、あらゆる情報やアイデアを取り入れること、そしてそれらを組み合わせることといった能力を高める必要が出てくるわけです。

幅広いアンテナと情報を結び付ける力

 創造力を発揮するには、多くの情報を持っていることが大切です。情報は一朝一夕で集められません。そのためには、常に幅広いアンテナを広げておくことです。

 仕事に関係ある分野はもちろんですが、関係のない分野でも有効な情報はたくさんあります。質の高い情報を多く集めて、そこから自分の仕事とうまく結び付ければいいのです。つまり、創造力に大切なのは情報のアンテナとそれを上手く結び付ける力なのです。


 以上のように、創造力は全く新しいアイデアを生み出すことだけではありません。日ごろの不満や情報を上手く組み合わせれば、新しいものを作り上げることができるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する