1. 【社会人に必要な最低限のマナー】この基本が出来ているかどうかで仕事の成果は変わってくる

【社会人に必要な最低限のマナー】この基本が出来ているかどうかで仕事の成果は変わってくる

 社会人になって学生生活を送っていた時とはだいぶ異なることが出てきますね。学生時代は自分でお金を払って学校に通っていますが、社会人はお金を貰うために会社に行きます。

 その違いからも分かりますが、やはり社会人としてのマナーが必要になってきます。

身だしなみ

 身だしなみがきちんとしているのは社会人以前の問題ですが、社会人としての服装を心がけましょう。職種によってはスーツ出勤ではなく、私服出勤であったり作業服で出勤する人も多いと思います。

 特に私服は「オフィスに合った」服装をすることが、社会人としてのマナーです。例えば、Tシャツにジーパンで行くのはもってのほかです。社会に出てからそういう格好で出勤する人は、あまりにも社会人としてのマナーがなっていないとしか言いようがありません。

挨拶をきちんとする

 これも社会人以前にできて当たり前のことですが、挨拶をしっかりすることも最も重要なことです。挨拶ができない人は誰からも好かれないでしょう。

 取引先の方に挨拶ができない、同僚に出社時、廊下ですれ違った時に挨拶できない人は生活の基礎ができていない人です。自分が関わっている人たちにきちんと挨拶をし、その時には笑顔でハキハキとした声で応じましょう。

メールが使えること

 社会人になって仕事で必ずと言って良いほど、使うものがあります。それが電話とメールです。特にメールは就職面接で聞かれることもないほど、できていて当たり前のスキルです。これができないとなると、今後の仕事に支障が出るのは間違いないでしょう、

 必ず入社する前に、メール操作のスキルをある程度身につけておきましょう。仕事で必ず使うもの、それが電話とメールです。このメールができていることが今では当たり前のこととなっています。
 
 この3つさえ掴んでおけば、基礎的な社会人としてのマナーはほとんど身につけていると言っても過言ではないと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する