1. 【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー 1番目の画像

 若手ビジネスパーソンが意外と知らない「書類をまとめるときのホチキスの留め方」。 

 今回はそんなホチキスの留め方・ホチキスを留める位置について解説したい。

ホチキスの止め方は「左上」の位置が基本!

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー 2番目の画像

 ホチキスは、基本的に左上を止めるのがビジネスマナーだ。

 「ホチキスで止める場所なんて右でも左でもどちらでも良いじゃないか」と思うかもしれないが、左上を止めるのが推奨されているのには理由がある。

ホチキスを左上の位置で止める理由は「利便性」

 日本人の多くは右利きである。つまり、右手でペンを持ち、左手でページをめくりることになる。その際、右側にホッチキス留めしてあると書類をまたぐことになってしまうのだ。

 ホチキスで留めてあるのが左上であれば、書類を左手がまたぐことはない。

 「ホチキスは左上を留める」というのは、書類を扱う際の利便性を考慮した結果なのだ。

 ただし、書類が縦書きの場合は右上を留めることになるため、注意が必要だ。

ホチキスの止め方の基本は、縦書きの場合は「左上」の位置・横書きの場合は「右上」の位置である

 上記で記した通り、利便性を考慮してホチキスの正しい止め方は「左上」の位置に止めることであるが、書類の形式によってその法則は2通りに分かれる。

【横書きの場合】

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー 3番目の画像

 横書きの場合、ホチキスの止める位置は図のように「左上」に止めるのが正しい。

  文章を左から右に読み進めていくので、ページの最後が右下の端になる。大多数の人がその右端を掴んで書類をめくるため、左上に止めてあるとめくりやすいのだ。

【縦書きの場合】

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー 4番目の画像

 縦書きの場合、ホチキスの止める位置は図のように「右上」に止めるのが正しい。

 右側にある文章から上下に読んでいくので、ページの最後が左下になる。その左端をつまんで書類をめくるため、右上に止めてあるとスムーズに読み進められるのだ。

横・縦書きが混在する書類の場合、ホチキスの正しい止め方は「左上」

 資料の中にグラフや図などがあるとき、縦書きと横書きが混在しやすい。

 そのような場合、ホチキスの正しい止め方は「左上」である。縦書き(横向き)の書類を90度回転させ、書類を縦にして止めるのが基本だ。

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー 5番目の画像

 資料を読む時、書類の上辺にあたる部分の「左上」にきていると正しい止め方になる。上記の図を参考にすると、横向きにしたときホチキスの位置が「左上」になっているはずだ。

 しかし、例外的に資料が混在する場合、読みやすい方にホチキスの位置を止めるのがふさわしい。

基本的なホチキスの止め方・位置

  • ホチキスの止め方の基本は、縦書きの場合は「左上」の位置・横書きの場合は「右上」の位置である
  • 横・縦書きが混在する書類の場合、ホチキスの正しい止め方は「左上」

止める位置だけでは不十分!ホチキスで留める角度は45度

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー 6番目の画像

 ホチキスを留める確度は45度がマナーだ。つまり、書類に対して斜めに留める。

ホチキスを留める際は書類が膨らまないよう、45度で止める

 縦や横方向に留めた場合は、その部分が膨らんてしまい、見た目が悪くなってしまう。

 45度で留めた場合はすっきりと折ることができるので、ホチキスを留める際は45度で留めることを心がけよう。

2か所止めの場合は真横の位置にホチキスを留める

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー 7番目の画像

用途によってホチキスの留め方を変えることも

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー 8番目の画像

 契約書などの重要書類の場合、ホチキスで2か所留めして、さらに製本テープを張って仕上げるということもある。

 そのため「横書きは左、縦書きは右」と、ケースに応じたホチキスの留め方を覚えておこう。



用途別にホチキスの止め方と位置を変えよう

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー 9番目の画像

 資料の用途によっては、ホチキスの止め方や位置を工夫しなければならない。

ファイリングを前提にしたホチキスの止め方と位置

 会議などで使用した資料をファイリングして管理するところも多い。その場合、ホチキスの部分だけ膨らみ、収納しづらくなることもある。

 例えば、左上にホチキスをする際はファイリングを考慮し少しずつずらした箇所にホチキスを止めるように意識しよう。

資料の枚数が多いときに対応したホチキスの止め方と位置

 資料の枚数が多い時は、一箇所で止めてもまとまらないことがある。そのような時は、中綴じにして冊子にしたり、別冊にすることをおすすめする。

【中綴じの場合】

【ホチキスの止め方】正しい位置は右上?左上?ホチキス止めのマナー 10番目の画像

 中綴じの場合は、中心が少しでもずれると綺麗に折ることができない。しっかりと折り目をつけた上で、ずれないように位置を確認し、ホチキスで止めることをおすすめする。

 また、中綴じ用のホチキスも市販であるので使用してみるとよい。


 本記事では、ホチキスの止め方と位置について解説した。

 一見、意図のないマナーに思えるホチキスの止め方だが、止めた書類の利便性などを考慮した結果根付いたマナーなのだ。

 マナーに沿ったホチキス止めを心がけ、相手に気遣いができるビジネスパーソンを目指そう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する