1. 【ホチキスの留め方】正しいのは右上?左上?ホチキス留めのマナー

【ホチキスの留め方】正しいのは右上?左上?ホチキス留めのマナー

【ホチキスの留め方】正しいのは右上?左上?ホチキス留めのマナー 1番目の画像

 新入社員に限らず、ビジネスパーソンは「書類」を扱う機会が非常に多い。

 その際、「書類はどうやって留めるのだろう」と、ホチキスの留め方について疑問に思ったことはないだろうか。

 本記事では、「ホチキスで書類を留めるときのビジネスマナー」について解説する。

ホチキスを留めるのは「書類の左上」

【ホチキスの留め方】正しいのは右上?左上?ホチキス留めのマナー 2番目の画像

 ホチキスは、基本的に左上を留めるのがビジネスマナーだ。

 「ホチキスで留める場所なんて右でも左でもどちらでも良いじゃないか」と思うかもしれないが、左上を留めるのが推奨されているのには理由がある。

ホチキスを左上で留める理由は「利便性」

 日本人の多くは右利きである。つまり、右手でペンを持ち、左手でページをめくりることになる。その際、右側にホッチキス留めしてあると書類をまたぐことになってしまうのだ。

 ホチキスで留めてあるのが左上であれば、書類を左手がまたぐことはない。

 「ホチキスは左上を留める」というのは、書類を扱う際の利便性を考慮した結果なのだ。

 ただし、書類が縦書きの場合は右上を留めることになるため、注意が必要だ。

ホチキスで留める角度は45度

【ホチキスの留め方】正しいのは右上?左上?ホチキス留めのマナー 3番目の画像

 ホチキスを留める確度は45度がマナーだ。つまり、書類に対して斜めに留める。

ホチキスを留める際は書類が膨らまないよう、45度で留める

 縦や横方向に留めた場合は、その部分が膨らんてしまい、見た目が悪くなってしまう。

 45度で留めた場合はすっきりと折ることができるので、ホチキスを留める際は45度で留めることを心がけよう。

2か所留めの場合は真横にホチキスを留める

【ホチキスの留め方】正しいのは右上?左上?ホチキス留めのマナー 4番目の画像

用途によってホチキスの留め方を変えることも

 契約書などの重要書類の場合、ホチキスで2か所留めして、さらに製本テープを張って仕上げるということもある。

 そのため「横書きは左、縦書きは右」と、ケースに応じたホチキスの留め方を覚えておこう。


 本記事では、ホチキスの留め方やその理由について解説した。

 一見、意図のないマナーに思えるホチキスの留め方だが、留めた書類の利便性などを考慮した結果根付いたマナーなのだ。

 マナーの沿ったホチキス留めを心がけ、相手に気遣いができるビジネスパーソンを目指そう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する