1. 興味を持てばやる気は出せる!仕事を頑張りたい人のための動機づけのコツ

興味を持てばやる気は出せる!仕事を頑張りたい人のための動機づけのコツ

by Hamed Saber
 仕事をする際にモチベーションが低いと、やはり良いことがありません。仕事にやりがいや幸せを感じれば毎日が楽しくなるし、昇進にも近づくでしょう。今回は、モチベーションを上げるための上手な仕事の動機付けのコツを紹介します。

好きなことを考えてみる

 自分の仕事の中で、一番気に入っていることは何でしょうか?誰でも、仕事に不満はありますが、仕事をする際に、楽しいと思えることを想像してみてください。

 好きなことがあれば、ちょっと嫌なことがあっても耐えられるものです。その瞬間のために働いている、と思えるようなっことを探してみてください。

過去の成功を思い出す

 仕事が嫌になった時は、過去の成功を思い出してください。いろいろ大変のことがあっても、苦難を乗り越えことや、今までできなかったことができるようになって同僚や上司にほめられた瞬間はありませんか?過去の成功を思い出すことによって、また何かを成し遂げたいと思えるはずです。

身近な目標を持つ

 人間というものは、長時間働いていると、どうしても飽きてくるものです。同じようなことを毎日しているのだから、仕方ありません。そんな時は、何か目標を持ってみましょう。目標のために毎日の積み重ねがあると思えれば、一日一日を大切に思えます。

 目標を立てるときはなるべく具体的に、締め切りを設けましょう。3年以内に管理職に就く、半年以内に自分の興味のあるプロジェクトができるようになる、などです。締め切りがあれば、目標達成のために今何をすべきかもわかってくるはずです。


 今回紹介した上手な仕事の動機付けのコツは日常生活でも活かすことができます。辛いことがあった時は、楽しい経験や目標を持てば良いのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する