1. 「配慮に欠ける」と言われていませんか?!ビジネスでやってしまいがちなNG行動

「配慮に欠ける」と言われていませんか?!ビジネスでやってしまいがちなNG行動

by maaco
 配慮に欠けると言われてしまう人には、おおまかに2パターンがあります。特に、ビジネスシーンにおいて、個人的な事情や感情ばかりで動いてしまっては、配慮に欠けると思われたり、仕事上では迷惑のレッテルを貼られてしまうでしょう。配慮に欠ける人と言われない為には、どのようなことに気を付ければよいでしょう。

了解と伝達の無い配慮に欠ける行動とは

 自分の都合を優先したり、自分のスケジュールや考えを押し付けて仕事を進めようとすることは、ビジネスシーンにおいては配慮に欠ける行動です。いくら自分の方がクライアントの立場であったり、自分が下請け業者を雇っているから、という立
場であっても、自分の都合ばかりを押し通そうとする人の仕事は、きっとどのような場面でもそれが露呈されてしまい、それは質の低い仕事です。

 常に、周りや関連の業務に携わる人のことも考えての決定ができることが、配慮ある行動です。ただ、そうは言っても、自分優先で物事を進めなくてはならない場合は、相手を配慮する気持ちを持ち、了解と伝達をしっかりと行き届かせることが大切です。

 このような行動があるか無いかで、相手が快く協力的に動くか否かの、分かれ道となるでしょう。配慮に欠ける行動とは、このような了解と伝達がなく、勝手に推し進めることで、相手は仕方なくそれに合わせるという状況に陥り、次からは一緒に仕事したくないと思われますし、周りからの評価も低くなるのは目に見えています。

チームワークを乱してしまっている

 配慮に欠ける行動を、自分中心ですることは、チームワークを乱していることでしょう。もちろん、仕事をチームで行う場合でも、自分の意見はしっかりと主張しても良いのです。その際、大切なのは、手段が配慮されていることです。

 チームで仕事を動かしてゆくプロジェクトにおいては、それぞれの改善策を持ち寄った作業が必要となります。ですから、勝手な行動をとってしまうと、全体のバランスが崩れてひずみが生じます。自分だけのことを優先した行動は、全体としては配慮に欠けた行動となり、チームワークにとってはNG行動です。

配慮をしない行為で生じるひずみ

 社内の人間関係においても、クライアントとのお付き合いにおいても、仕事で知り合ったことをきっかけに、多少は相手のプライベートも知るようになることがあるでしょう。でも、プライベートに土足に踏み入るような事をぶしつけに聞いたり、それを周りに話したりすることは、配慮に欠けるNG行動です。

 相手にとっては、仕事においては私情を挟みたくないという考えの人もいますし、社内や社外の事情を、公では話したくなかったり、あなたには話したけれど、上司や他部署等には知られたくないと思っていることなど、事情はさまざまです。勝手に話しを漏らすことは、吹聴することになり、それが本人には本当に迷惑ととらえられたりします。悪気がなかったとしても、十分に気を付けて、配慮の気持ちを持って対応すべきです。


 今回は、コミュニケーションを取る上で重要になりえる「配慮に欠ける」ことのないようにするためのコツや注意事項を見てきました。これからの働き方でも「配慮」を生活の中から取り入れていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する