1. いつも遅刻しちゃう!時間にルーズな人が仕事での時間意識を高める方法

いつも遅刻しちゃう!時間にルーズな人が仕事での時間意識を高める方法

 時間にルーズな人って必ずいますよね。時間にルーズな人は、約束の時間に訪れなかったり、必ず数十分遅刻してきたりとなぜ常に時間にルーズなのでしょう。

 自分が他人に迷惑をかけていたり、悪いことをしている意識が希薄なことは間違いありません。しかし、仕事にまでこのような姿勢を持ち出してはいけません。そこで今回は仕事で時間意識を高めていける方法を考えましょう。

なぜ時間にルーズなのか

 まず時間にルーズな人は、他人に迷惑をかけている意識が欠けていることが多いです。そもそも将来に対する見通しが希薄であることが伺えます。

 自分が約束した時間に間に合うかという短期的な予測すらつかないままでは、取引先に訪問するスケジューリングさえできません。そういったスケジュールの甘さ、予測能力、他人の事情を察知する能力に欠けているのです。

約束相手の気持ちを考える

 アポイントメントを取った取引先の人や約束した相手が時間に遅れたらどんなに迷惑がかかるかということを意識することから改善の第一歩がはじまります。

 自分が時間を狂わせたら仕事や生活に影響がでるということを察することからはじめましょう。

 自分はいつも遅れている側だから気づかないけれど、 待たされる人はどんな気持ちになるか、どんなに不安になるかということを感じ取れると時間意識は高まります。

時間に余裕を持つ

 時間にルーズな人のもうひとつの悪いくせは、時間にギリギリのスケジューリングをすることです。余裕を持ったスケジューリングをしないことが特徴的です。

 たとえば移動時間に必要最低限の時間しか用意していなかったりと随所に無理が垣間見れます。そのようなきつい時間配分だとズレが生じてきて最終的に大きなロスにつながります。

 移動に15分程度が予想されるなら30分くらいの 余裕を持ったスケジューリングが必要です。もしなにかトラブルが生じたときも余分に時間を取っていると慌てずに対応できます。

 時間にルーズな人が仕事で時間意識を高めるには、時間を狂わされる相手の気持ちを察して影響を配慮することが必要です。また、常に余裕をもったスケジューリングと相手を思いやる気持ちが時間意識を高める解決策となります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する