1. 周囲の人のことを考えていますか?!「配慮が足りない」と言われないようにするための秘訣

周囲の人のことを考えていますか?!「配慮が足りない」と言われないようにするための秘訣

by country_boy_shane
 多くの人と関わる仕事では、他の人への配慮が大切です。職場や取引先の人との人間関係を良いものにするためにもきちんとビジネスで必要な配慮を身につけましょう。

「配慮」は、相手の話を良く聞くことから

 「配慮する」ことは、常識的な見地で持って相手に対応するということが基本です。そして、その上で、相手によって考えられた配慮ができると、双方の仕事が大変気持ちよく運ぶことになります。ここから波及して、仕事が出来る人と思われ、この人とまた仕事がしたいと思われます。また相手の心に響いて感謝されたり、配慮のおかげで気持ちの良い仕事は、双方にとって良い結果へと導くことにつながります。基本は、相手の話を良く聞くことから始まるでしょう。

 聞くポイントは、仕事の内容において、何をどう達成すべきか、そしてその相手は何が一番望ましいと思っているか、また何が一番困るか、ということです。当たり前のことですが、このポイントに優先順位を置き、それの障害となるケースが出てきた場合には、必ず確認をして進めることが大切です。配慮が足りないと言われてしまう人の多くは、このポイントを抑えずに行動したり、言動したりする人です。

 それが結果的に相手が困る状況になってしまった、ということにつながると、名誉回復は困難です。また、「良かれと思って勝手に判断して進めて置いた」という事も、一見、相手を思って配慮を持っているように思われますが、それが先にあげたポイントに関わる場合は、それをオンタイムで報告していなければ、配慮の足りない人と思われてしまいます。配慮が足りない人と言われてしまう人の改善方法は、相手の話を聞いて、そのポイントをしっかり押さえた行動と言動をすることに、肝に銘じることから始まります。

気配りが得意な人をお手本にする

 ビジネスシーンにおいて配慮が足りない人と言われないためには、きっちりとした仕事をする、そして努力をする事が大切です。人は、その努力をしている姿を見ているものですから、伝わるでしょう。

 そして、双方が気持ちの良い仕事を関係を続ける為には、心のこもった仕事や対応をすると、より相手の気持ちに感動や印象を残すことができるでしょう。この「気持ちのこもった配慮」はなかなか難しいことです。でも、自分の成長の為にも、できるようになりたいものです。配慮の足りない人というのは、自分勝手で武骨で、繊細な仕事はできないだろうなと思われてしまうから損です。

 身の回りで振り返ってみると、配慮の行き届いたサービスに出会うことができます。自分が嬉しいな、配慮をしてくれたんだなと感じたことを、まずはそれらをお手本にしていく習慣も大切です。


 相手のことを考えて、相手側に立って考えてみると、なるほどと見えてくることがあります。このように配慮ある行動は相手のシチュエーションや立場を考えてみると、おのずと自然に配慮が出来てくるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する