1. 【今日からできる集中力UP術】「集中力が続かない…」という悩みとは今日で別れを告げよう!

【今日からできる集中力UP術】「集中力が続かない…」という悩みとは今日で別れを告げよう!

by yeowatzup
 集中力が続かない人の特徴として、妄想癖があったり、楽観的すぎる、物事をやる際に計画性が無かったりなど、何かしらの原因がある人が多いと思います。

 また、精神科に相談されるくらい自身で自覚があっても治せないという人もいるでしょう。集中力に欠けていると、仕事面や家庭生活において、支障をきたす事が多くなってしまいます。簡単な事からで構わないので、集中力UPさせる方法を取り入れてみて下さい。

ガムを噛む

 野球選手やサッカー選手が試合中によくガムを噛んでいる行動を拝見したことは無いでしょうか?実は、ガムを噛むことで集中力、認知能力、記憶力が上がるという事が科学的に立証されているのです。

 ガムを噛むという行為が、脳に刺激を与えてくれる作用があるそう。ただ、長時間の集中力の持続はできないので、急に頭がボーっとしてきたり、やる気が低下してきなぁという時にガムを噛んでみるのは非常に効果的でしょう。

適度に休憩をする

 どんな人でも、何時間も同じ集中力が持続することは不可能です。個人差はありますが、根詰めて何かをやっていても、しばらくすると注意力散漫になり、ミスが出てきてしまうでしょう。なので、○分やったら○分休憩。という、自分なりのルールを作り、適度に休憩を挟んでください。

 そうすることで、ずっとやり続けるよりもはるかに集中力はUPします。最近では、昼食の後に20分の昼寝時間を取る制度を取り入れてた企業もあるそうです。昼寝も15分から20分すると、頭がシャキっとし、リフレッシュできるため仕事への活力が上がると言われています。ですから、短時間の昼寝も集中力を高めるには良いのではないでしょうか。

時間管理を習慣にしてみる

 集中力が無い人の理由に、管理能力がなく計画性が無いという点があります。ダラダラと目標もなく何かをやっていると、頭がぼーっとしてきたり、やる気も半減してきてしまうでしょう。自分の中で「○時までにこれを終わらせる」「今日は○○を○時から始める」など、時間ごとにスケジュールを立て、その時間までに絶対にやり遂げるという強い信念のもと、仕事や勉強、家事などをしてみましょう。

 初めのうちはアラームなどを利用して、その時間になると音で知らせてくれるようにしてみるのも良いかもしれません。時間で動く習慣を付ける事が集中力を高める近道になるでしょう。

気が散る物を周りから排除する

 集中力が欠ける原因として、デスクや身の周りに、マンガや本、携帯を常に手元に置いてませんか?どうしても集中したい時は、そういった物は別の部屋に置き、手元に絶対置かないでください。「これが終わったら見る!」と強い意志を持ち、あなたの周りの誘惑は一切排除してみてください。


 集中力が続かない原因は何でだろう?と一度自身としっかり向き合って考えてみてください。普段集中力が欠けたときに自身が取っている行動や、欠ける頻度を見つめ直すことで、対処法が導き出せるヒントに繋がるかもしれません。集中力をアップさせ、自身の生活をより素晴らしい物に変えてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する