1. 【状況把握力を高めるテクニック】企業のマーケターに必要な最低限の考え方とは?

【状況把握力を高めるテクニック】企業のマーケターに必要な最低限の考え方とは?

by jonrawlinson
 質の高い仕事をするために重要になるのが、状況把握力です。優れた状況把握力を持つ人は現状を即座に認識し、必要な戦略や手段を速やかに選択して仕事を進めていくことができます。

 仕事での状況把握力を高めるためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。今回は仕事での状況把握力を高めるポイントについて解説します。

仕事の全体像を意識する

 目の前にある仕事に全力を傾けるのは、悪いことではありませんが、目の前の仕事に意識が集中し過ぎてしまうと、全体の把握が疎かになってしまいます。大きなプロジェクトになればなるほど、仕事の全体像に対する意識が薄れがちになってしまいますが、全体を意識しておかなければ、状況把握力を高めることはできません。

 目の前にある仕事が、全体の中でどのように位置づけられる仕事なのかを意識し、常に全体の一部であることを意識することが状況把握力を高めることに繋がるでしょう。

 自分の周囲を取り巻く環境を正確に認識するための力が状況把握力ですので、全体の中での自分の位置づけを、忘れてしまっては状況把握力を高めることなどできません。常に自分の立ち位置の役割を忘れなければ、状況把握力は自然と身についていくでしょう。

流れを意識する

 仕事の流れを意識することで、現状がどのような状況にあるのかを把握することが可能になり、その時に最もふさわしい仕事をすることができるようになります。ある時点までは一番正しい仕事のやり方であっても、流れが変わればふさわしくない仕事のやり方になってしまうかもしれません。

 流行や風向きといった、目に見えない仕事の流れに常に意識を向けておくことで、的確な状況把握力を発揮して最適な方法で仕事をすることができるでしょう。

 もし状況把握力に問題があって流れを見落としてしまった場合、周囲の変化に気付くことができずに自分の仕事だけが取り残されてしまうことになってしまいます。状況把握力を高めるためには、常に変化に対するアンテナを張っておく必要があるでしょう。

先入観を排除する

 先入観を持って仕事の全体を認識してしまうと、最初の時点で誤った状態から入ってしまうことになります。思い込みや偏見といった先入観は、正確な状況把握を阻害する大きな要因です。

 最初の段階で誤った状態を認識してしまっては、後からいくら努力したところで正しい仕事はできません。常に先入観を排除して、ありのままの状態を受け入れることが正確な状況把握に繋がり、そのような心がけを忘れないことが状況把握力の向上につながっていくのです。


 状況把握力が高まれば、現状に対する正しい認識を持つことができますから、最適な手順で仕事を進められます。業務効率を改善しながら仕事をこなしていくためにも、状況把握力を高めてより良い仕事を目指してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する