1. 「仕事の見通しが立たない…」さぁどうする?簡単に仕事の見通しを立てる方法を伝授します

「仕事の見通しが立たない…」さぁどうする?簡単に仕事の見通しを立てる方法を伝授します

by Bündnis 90/Die Grünen Baden-Württemberg
 キャパシティをオーバーしているような、大きな仕事を突然与えられてしまった時などは、仕事の見通しが立たないことから、不安や焦りにつながってしまうというケースは珍しくありません。

 しかし、一度与えられた仕事は簡単にギブアップできるものでもありません。そこで、今回は見通しが立たないような、仕事を与えられてしまった時の解決方法について紹介していきます。

1. 順を追って整理する

 大き過ぎたり、複雑な仕事を与えられた時にまず行わなければならないことは仕事内容の整理です。あまりにも巨大な仕事の場合には、最初から整理することを諦めてしまう人もいますが、整理なくして仕事のスムーズな進行はあり得ません。

 では、どのようにして整理していけば良いのかと言うと、基本的にはスタートから終了までの過程を順を追って、細分化しながら整理する方法が効果的です。細かく整理していく方法ですので、時間は多くかかってしまうかもしれません。しかし、大雑把や適当にまとめるような整理の方法をしてしまうと、後々もう一度整理し直さなければならないといった二度手間の可能性もあるため、最初のうちに正確な整理を心掛けることが大切です。

 整理さえ出来てしまえば、見通しが立たない仕事から見通しの立つ仕事となり、その後の過程はとてもスムーズになるので、時間をかけてでも丁寧な整理を行うようにしましょう。

2. 現実逃避しない

 困難な仕事を与えられた時には、「どうやっても無理なのだから、状況が変わるまで放っておけば良い方向になるかも…」などと現実逃避してしまうこともあるでしょう。しかし、こうした現実逃避の大半は結果的に自分自身を追い詰めてしまうことに繋がるため、注意が必要です。

 状況を好転させるためには、基本的に自分がアクションを起こす以外に方法はありません。時間の経過に頼っても、大切な時間が過ぎていくだけですので、現実逃避する時間を利用し、1つでも仕事を進めていくべきです。

3. 周囲に相談する

 あまりに大きな仕事や複雑な仕事を与えられた場合には、どう足掻いても自分の力だけで解決できないことも現実問題として存在します。そうした際は、素早く周囲に相談し、必要なアドバイスやサポートを受けることが大切です。

 直接の手助けが受けられない場合であっても、前に似たような仕事をこなしたことのある人や効率的な仕事の進め方を知っている人などからアドバイスを受けることが出来れば、仕事の見通しが立つ可能性も高まるでしょう。


 以上、見通しが立たない仕事を解決する方法について述べてきました。仕事を与えられた時には、「こんな仕事できるわけがない」と思うものであっても、内容の整理や周囲のサポートを受ければ、解決できるケースも少なくないので、諦めてしまわず、解決に向け積極的に行動していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する