1. 【否定的な人の共通点】仕事をする上で否定的な人は少なからず必要だった!?

【否定的な人の共通点】仕事をする上で否定的な人は少なからず必要だった!?

by Fayez Closed Account.
 仕事をしていても、何をしても否定的に考える人はいるもので、明るい兆しが見えてきたところで、否定的な人が否定的な発言をするのを聞いて、ゲンナリした経験がある人もいることでしょう。今回は、仕事で常に否定的な人の共通する特徴をまとめてみました。

行動力が低い

 仕事で常に否定的な人は、なかなか動こうとしません。常に否定的な人は新しいことに対しても上手くいくはずがないと否定的に捉えているため、挑戦することはしないのです。否定的な人は、物事に対しても、否定的な情報しか集めまないため、より否定的な人の頭の中では否定的な事象が強化されていきます。

 そうすると、動くことで必ず失敗するという判断になるため、わざわざ失敗するために動く人はいないでしょう。しかし、裏を返すと、否定的な人は「慎重である」とも言えます。行動力が低いので動くことはないので、成功もしない代わりに失敗もしないというわけです。

自尊心が低い

 仕事において、常に否定的な人は、なにも仕事だけに否定的なわけではありません。物事に対しての見方が一貫して否定的なので、仕事でもそれが出るというだけなのです。

 否定的な考えの持ち主の、考え方のベースは、「そんなのうまくいくわけがない」というもの。否定的な人は、自分に関係する人やものについては、すべてうまくいくわけがないと思っています。テレビなどに出てくる成功者は、自分には関係のない人で、たまたまうまくいったとか、能力が抜きん出て高かったからなどと、自分にひきつけて考えることはありません。

 「ウチはウチ、外は外」式で言うなら、否定的な考え方の持ち主は、「外で起きることは、うまくいこうがいかまいが関係ないけれど、ウチで起こることはすべてうまくいかない」というパターンになっています。自分にまつわることは、すべて上手くいかないと考えることは、自尊心が低いということ。自尊心が低い人は、どこまでいってもうまくいく可能性を信じることができません。


 仕事で常に否定的な人に共通する特徴についてまとめてみました。仕事で常に否定的なことはよくないことと、捉えられがちかもしれませんが、バランスという意味では否定的な人も社会には必要なことも事実です。

 すごく積極的で、失敗に対する可能性に無防備な人たちだけで構成されている会社があったら、危なっかしいと思いませんか。もし自分が楽天的なタイプで、否定的な人から否定されるたびに嫌な気持ちになっていたとしても、頭を切り替えて、自分には思い付かない可能性について言及してくれていると捉えるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する