1. 自分が最も活躍できる時間を軸にしよう!効率的に仕事をこなすペース配分

自分が最も活躍できる時間を軸にしよう!効率的に仕事をこなすペース配分

by Sound80Roma
 日々仕事をしているとなかなかうまく仕事が進まず「もうこんな時間!」「あれもこれも終わらない」「この仕事をするのを忘れてしまった」とびっくりしてしまうことも多くあるのではないでしょうか。もちろん日々違ったことが起きますから決められた通り、決まったことをこなしていくだけでは仕事は成立しません。

 しかし効率よく仕事をこなしていくためにはコツがあります。それは上手なペース配分で仕事をこなすと行くことです。それができると焦ることなく日々の業務をこなし、先のことも考えた仕事ができるようになるでしょう。ではどのようなペース配分で仕事を進めれば効率的になるのか考えてみましょう。

自分の得意な時間

 自分が仕事をしていて一番はかどる時間はありませんか?朝がシャキッとした気持ちで一番仕事が集中してできる人、お昼ころから体の調子が乗ってきて一番頭が冴えてくる人…。まず自分の得意な時間を把握します。その時間を軸にして一日の仕事のペースを作っていくのです。

 主に一日にやるべき仕事は決まっているのであれば、その軸を元にほかの仕事を大体の時間ごとに割り振っていきましょう。また、少し余裕を持たせて空白の時間を作るようにすることも大切です。イレギュラーな仕事も入ってくるはずですから。そうすることによって始業から終業まで自分のペースをあまり乱すことなく仕事に取り組むことができるはずです。

 ただ、その日によってはペースが乱されてしまうこともあるでしょう。その時は焦ることなく最低限のことをこなし残り物ものは別の日に振るなどして調整できると良いです。

時間が出来たら後日やるべきものも手を付けておく

 先に述べたように一日の仕事のペース配分が出来たら、月の仕事のペース配分についても考えてみましょう。月初に発生する仕事、月末に発生する仕事それぞれあると思います。どのくらいの時期に仕事に取り掛かると日々のペースが乱れることがないのかを考えます。

 そして日々の仕事の中で時間が余った時には後日やるべきものの下調べやできることをやっておくだけでイレギュラーな仕事が舞い込んだときにペースが乱れることを少し防ぐことができます。目の前にある仕事、少し先にやるべき仕事すべてを自分なりにきちんと把握することが効率よく仕事を進めるコツです。

まとめ

 以上が、効率的に仕事をこなすペース配分です。自分の心地よいペースで仕事に打ち込むことができるようになることを目標として仕事に打ち込んでみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する