1. 相手はどう感じるでしょう?配慮表現の重要性

相手はどう感じるでしょう?配慮表現の重要性

by fr4dd
 言うまでもなく、ビジネスは「人間関係」という側面を持っています。良好な人間関係を築く事ができれば、その仕事は円満に完了する可能性が高まります。また、その後の継続も期待できるでしょう。そう考えると単に「内容を伝える」というだけでなく、その行動によって、相手が自分の事をどう感じるか?と言う点についても配慮が必要となります。

「配慮が無い」と思われる場合

 これは否定的な内容を事務的に伝える時などに発生しがちです。配慮の気持ちは、心の中で思っているだけでは相手には伝わりません。言葉なら言葉、文章なら文章中で、相手を気遣っている事が判るものとしなければ意味が無いのです。こういった「配慮表現」が無い事で、人間関係が悪化し最終的にはビジネスが上手く行かなくなるのは問題です。

「配慮がある」と思われる場合

 例えば、メールを書く時に、いきなり本題に入るでしょうか?また、本題のみで文章を終えるでしょうか?普通は、お忙しい中、失礼致します。先日の件ですが…などと、まず「相手に配慮する」書き出しで始めるはずです。

 また、文章の結びも、恐れ入りますが、よろしくお願い致しますなど、丁寧な態度を表現したものにするでしょう。これらは「礼儀」や「慣用」と思われがちですが、これらも立派な配慮表現です。

 相手の立場や、相手の気持ちを考えれば、強硬な事を「言いっぱなし」で終える事は、誰にもできないはずです。代表的なのは、…と弊社では考えておりますが、如何でしょうか?と、相手の意見を聞く形のものがあります。これは、一方的な要求を避け、合意を求めようという態度で、好意的に受け取られる可能性が高いです。

まとめ

 人間同士のコミュニケーションにおいて、相手の態度に対して不快感を持つ事は避けられません。しかし、何であれ、ものには「言い方」があるものです。相手を気遣う「配慮表現」を使う事で、要らぬ誤解を避け、人間関係を良好なものとする事が可能です。自分の真意が相手に伝わる様、言い回し等には細心の注意を払うべきでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する