1. 職場内で最も高いゴールを見据えよう!協調性がない人が自分勝手な性格を直す方法

職場内で最も高いゴールを見据えよう!協調性がない人が自分勝手な性格を直す方法

by ajari
 職場で協調性がないと言われたことのある人もいるのではないでしょうか。仕事は一人で行うものではなくチームプレイです。一人の働きだけで成果が出せることなど殆どありません。ここでは協調性がないと言われる人の特徴と改善方法について紹介していきます。心当たりのある人は改善に取り組んでみましょう。

1.職場での協調性が無い人の特徴

 職場で協調性がない人は、多くの場合、個人のノルマや目標のみに意識がいってしまうため、部署など全体の目標に対する意識が薄いです。この場合、職場全体としても一体感に欠け、本来出せるはずのパフォーマンスが出せないというデメリットがあります。

 また、個人としても、自分の担当する役割の中でしか仕事をしていないため、成長のスピードが遅くなる傾向があります。管理職の立場には仕事をこなす能力はもちろんですが、それ以上に職場を上手く回す能力が求められます。協調性のなさはそういった能力にも関わってくるでしょう。

2. 解決方法

 では、協調性のなさを解決するためにはどうすれば良いか。方法は様々ですが、その方法の一つに「高い目標を持つ」ということがあります。冒頭でも述べましたが、仕事というのは決して一人では出来ません。

 そのため、高い目標を持つということは、必然的に周囲の協力を仰ぎ、巻込んでいかなければならないのです。そうなった場合、自分の仕事だけで完結しているわけにはいきません。周囲の仕事も把握し、全体の目標と自身の掲げた目標が合っているかを考えなければならないのです。そうなれば、自ずと協調性は身に付いていくでしょう。

まとめ

 ここでは、職場での協調性がない人が自分勝手な性格を直す方法について紹介してきました。実際、それまで周囲の状況を把握していなかった人が、全体を巻込んだ目標を考えるのは難しいかもしてません。ですが、やろうと思わなければ何も変わらないこともまた事実です。少しづつ意識を変えていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する