1. 【時間意識を簡単に高めるテクニック】これを実践して「残業ゼロ」「定時上がり」のビジネスマンに!

【時間意識を簡単に高めるテクニック】これを実践して「残業ゼロ」「定時上がり」のビジネスマンに!

by raneko
 仕事の効率を改善するために重要になのが、「時間意識」です。時間意識を高めることで、限られた時間を貴重なものとして認識できるようになり、短時間で効率よく仕事をしなければならないという前向きな気持ちが生まれます。

 時間意識の低い人が時間意識を高めるには、どのような方法が有効なのでしょうか。今回は、仕事において時間意識を高める、おすすめの方法を紹介します。

限られた時間で仕事をする

 時間意識の低い人は、仕事のけじめをつけることが苦手で、ついだらだらと同じ仕事を続けてしまいがち。限られた時間で質の高い仕事をする意識を身につけるためには、自分で仕事の制限時間を設ける方法が有効です。

 「この書類を1時間で完成させる」そんなルールを自らに課せば、なるべく早く書類を完成させようという意識が生まれ、より効率よく仕事を進めるための工夫をしながら短時間で仕事をする習慣が身につくでしょう。

 締め切りを設けることが、仕事に良い影響をもたらすことも少なくありません。自分で仕事の締め切りを作ることで自らに追い込みをかけ、仕事から無駄を省いて効率よく働くことが可能になるのです。時間制限は短時間でも長期間でも効果を発揮します。

 「1週間以内に新しいアイデアを10個生み出す」このような形のルールでも時間意識を高めることに繋がるので、短い時間制限と長期間の仕事計画を上手に組み合わせて、時間意識の向上に努めましょう。

同じ時間に行動する

 時間意識が低い場合、仕事のリズムがバラバラで効率を悪化させてしまうことがあります。同じ仕事は同じ時間に処理するよう、行動を習慣付けることができれば、無意識のうちに時間間隔を重視して仕事をするようになり、時間内に仕事を終わらせる習慣が身につくでしょう。

 毎日同じ時間に行動するというのは、人間の身体的な特性を利用した時間意識の向上方法です。人間は同じ行動を繰り返していると、意識するより先に体が反応するようになります。毎日同じ時間に同じ仕事をしていれば、自然と体が仕事モードに切り替わり、普段より集中して仕事ができるようになるでしょう。

 集中力が高まれば、より質の高い仕事を短時間でこなせるようになるので、時間意識を高めて仕事の質も確保することに繋がります。

時間効率を意識する

 アルバイトで働く場合、時間効率を時給という形で明確に提示されているため、固定給で働く人たちよりも時間意識が高いと言われています。

 自分の仕事に対して時間意識が薄いと感じたら、自分の仕事の時間効率を意識してみましょう。自給という形で意識すれば、自分にとっての時間効率を意識することができますし、業務との関わりで考えれば時間当たり自分がどれだけ会社に貢献しているのかを意識することができます。明確に提示されにくい時間効率をあえて意識することで、貴重な時間に対する意識を向上させることができるでしょう。


 時間は全ての人に平等に与えられた資源ですが、すべての人にとって限られた資源でもあります。貴重な時間を無駄にしないためにも、時間意識の向上に取り組んでください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する