1. 「言葉遣いの直し方」魔法の3ステップ!ビジネスシーンでの恥ずかしい思いとは今日でさようなら

「言葉遣いの直し方」魔法の3ステップ!ビジネスシーンでの恥ずかしい思いとは今日でさようなら

by HenryLeongHimWoh
 言葉遣い一つでも、仕事の行先に大きく左右する事があります。言葉遣いが悪かったり間違っていたりすると、相手に悪印象を与えてしまったり、時には誤解を生み仕事の問題を発生させる原因となりかねません。そこで今回は、言葉遣いが気になっている人の言葉遣いの直し方について説明していきます。

1. 正しい知識を付ける

 言葉遣いの直し方として、まずは正しい言葉遣いを知識として知る必要があります。正しい言葉遣いが分かっていないと、そもそも言葉遣いが間違っていることにも気付けません。また、知識が十分でないまま無理に言葉を選ぼうとすると、不自然になってしまったり、臨機応変に対応出来ないこともあるでしょう。

 言葉遣いの知識の付け方としては、言葉遣いやマナーの専門書、新聞、書籍等の文献を日頃から読むようにして、言葉の意味や使い方の理解を深めることが大切です。加えて、日頃から言葉に対してアンテナを貼り、吸収することも大切になってきます。

 特にビジネスでは、特有の単語や言葉の使い回しというのがあります。場数を踏み、知らない言葉を目の当たりにしたら、そのままにせず随時しっかりと意味と使い方を確認する必要があるでしょう。

2. 実践する

 言葉遣いの直し方として、次に知識だけに留めず実践する必要があります。例えば英語等の外国語の場合、知識だけ詰め込んでも実際に使わないと、身につかないことが多いでしょう。これは日本語においても同じこと。分かっているだけでは言葉遣いというのは改善されず、日頃から意識して繰り返し使うことで身についていくのです。

 方法としては、まずは場数を踏み積極的に意識して正しい言葉遣いをしていくことが大切。最初は間違うこともあると思いますが、注意や指摘される事でより記憶に刻まれ身につきます。

 重要な仕事に就いており、最初から間違いが許されない状況などであれば、マナー教室に通ったり上司や友人等に練習相手になって貰う、一人でイメージトレーニングをするというのも一案です。言葉遣いは直ぐに身につける事は困難ですので、繰り返し積み重ねる事がポイントとなります。

3. 使い分ける

 言葉遣いの直し方として、最後に言葉の使い分けを身につけることが大切です。言葉というのは、間違っていなくても教科書通りの使い方では望ましくないこともあります。例えば「業界用語」のような、その業界や環境独自の使い回しや略語というのがあるのです。

 そういった文化がある場所で特有の使い方が出来ないと、言葉は間違っていなくても嫌気されたり、下手に見られたりする事があります。他にも、親睦会や飲み会など仕事以外の事を行う席で、あまりにかしこまった使い方をすると言葉は間違っていなくとも敬遠されてしまうかもしれません。

 言葉遣いは、こういった使い分けの部分が最も難しいのです。これも場数を踏むとともに、場所や状況、相手との距離感、自身のキャラクターなどを意識して繰り返し実践して身に付つける事が望ましいでしょう。


 言葉遣いの直し方には、このような方法があります。言葉の知識は頭で覚える必要がありますが、実際の使い方の部分は繰り返し実戦し、体に覚えさせる様なイメージで身につけていくことが効果的です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する