1. 読解力は同僚と差がつくスキルだった!意外と仕事で使える読解力の活用方法

読解力は同僚と差がつくスキルだった!意外と仕事で使える読解力の活用方法

by paul bica
 仕事のマニュアルを読んだり作成したりする際にも、読解力は必要ですよね。逆に読解力のない人はマニュアルを読むことだけでも一苦労したりしませんか。今回は仕事での読解力の活用方法についてみていきましょう。

1. 仕事のマニュアルなどが容易に理解できる

 日本人の読解力が下がってきていると言われる今日この頃。こういう時だからこそ、読解力で差をつけたいですね。ちょっと難しめの本などで頭を鍛えておくのも良いと思います。書き手の伝えたいことを正しく読み取る力を「読解力」で身につけておけば、今まで理解することに時間がかかっていたものが少しの時間で済むようになってくるでしょう。

2. 固定観念で読まずに済む

 仕事では様々な書類やマニュアルを読まなくてはいけないことがあるでしょう。人はひとつのことを思い込むと、そう思い込んで読んでしまう事があります。いわば読み手の読解力のあるなしで、固定観念などがついて理解しずらくなることもあるわけです。その状態に凝り固まってしまって思考が停止してしまったりという状況も起こりうるでしょう。

 そんな時に仕事で時間もかかってしまってライバルたちに差をつけられてしまうのかもしれませんね。まずこれはこういうことかな?別の角度から読んでみたらどうだろうなどとあらゆる面から広い視野で読み進めることができる読解力さえあれば短時間で、色々な人が書いた書類やマニュアルも理解できるようになるでしょう。

3. 文章を書く能力もあがる

 読解力というものは、実は文書を書く力ともつながってきます。読解力がない人はなかなか良い文章も書きにくいでしょう。逆に言いますと、読み手が書き手の文章を書く手法などを理解していれば読解力も上がってくるのです。

 読解力は、このように仕事だけではなくあらゆるところで重要となってきます。読解力を高めることによって書く能力もあがってきて、また書き手の意図を的確に理解できる能力にもつながってきます。会社だけではなくあらゆるシーンで役に立ってくるはずです。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?読解力は仕事だけではなく、あらゆるシーンで必要となってきます。仕事や人生をよりよく生きるためには読解力が大変重要となってくると言っても過言ではないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する