1. 相手のことを理解しよう!意思疎通を図るために必要なこと

相手のことを理解しよう!意思疎通を図るために必要なこと

by Carla Carvalho Tomas
 ビジネスでの意思疎通は大きく分けると、社内での意志疎通、社外との意志疎通があります。この意志疎通をうまく活用できる人は、社内では協力され、社外では業績に直結します。

 また、意思疎通がうまくいくと、人間関係が円滑になり自身のモチベーション向上、まわりのモチベーション向上にも繋がります。業績を上げている人は必ずと言って良いほど意思疎通ができているでしょう。ここではそのノウハウについて紹介していきます。

1.  社内における意志疎通とは

 社内の意思疎通ができていないと、上司、部下が自分の協力者になってくれません。意志疎通をする上での大切なポイントは、相手の状況を理解し、状況に合わせた手段で意志疎通をすることです。

 また、意志疎通で重要なポイントとしては相互理解が必要ですので、細かい事でもできるだけ多くのコミュニケーションを持つことがお互いの理解を深める上での重要な要素となります。

2. 社外における意志疎通とは

 社外の意思疎通は利益に直結することですので、特に意識して行う事をお勧めします。また、紹介者、業者を使う場合は利益分配を明確に行う事も重要です。自分の会社だけが大きく利益をとるような事があると、次からの紹介の確率は下がりますし、業者に依頼する場合にも業者の利益を考えずにお願いすると次回から仕事を受けてもらえない可能性があります。

 守秘義務にかかわる部分以外はオープンに仕事をする事も意思疎通をはかるためには重要になってきますので、出来る限り報告、相談をするようにしましょう。また、社外の人でも意思疎通をはかるには、コミュニケーションが重要ですので、マメな連絡を心がけ相手が好きな意志疎通方法を見つける必要もあります。

まとめ

 意思疎通をはかる上で一番重要なのは、コミュニケーションスキルです。相手を理解し相手に合わせた意志疎通の方法を見つける事がとても重要です。意志疎通が円滑になれば、お互いの信頼性が良くなりビジネスがうまくいく可能性が高くなりますので、相手との意志疎通を意識して仕事に励んでみてください。きっと仕事がしやすくなるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する