1. ビジネスにおける言葉遣いの大切さとは?一度巡ってきたチャンスを逃さぬためにすべき事前準備

ビジネスにおける言葉遣いの大切さとは?一度巡ってきたチャンスを逃さぬためにすべき事前準備

by Martin Bartosch
 ビジネスにおける第一印象は、言葉遣いが圧倒的な重要度をしめると言っても過言ではありません。有能かどうかは仕事をしてみなければ分からないことですが、仕事を任せてもらうには「信頼できる」という印象を与えなければならないのです。そのためには、正しく丁寧な言葉遣いは必須条件と言えるでしょう。

 誰だって「日本語すら正しく使えないヤツ」に仕事を任せたいとは思いません。あなたの有能さを上司やクライアントに認識してもらうためには、常日頃から、言葉遣いの大切さを実感し、身につけていくことは重要です。

正しい言葉遣いを知る

 正しい知識がなければ、正しく言葉を使うことはできません。意味が曖昧なまま使っている言葉はありませんか?丁寧にしようとしすぎて、「バカ丁寧」になってしまっていませんか?

 言葉遣いを改めたり、レベルアップしたいなら、いわゆる「正しい日本語」関連の書籍は、1度はチェックしましょう。語彙のみならず、尊敬語と謙譲語の使い分け、二重表現についての知識などは、あればあるほど役に立つはずです。

言葉を使い慣れる

 言葉遣いの大切さを意識しなければならないのは、何気ない一言が評価につながるからです。咄嗟に出た言葉が正しく美しいほど、あなたの信頼度や評価は上がると心得ましょう。普段はぞんざいな言葉遣いでも、いざというとき使えれば問題ありませんが、その「いざというとき」にポロリと出てしまうのが、クセや日常です。

 クライアントが何気なく始めた雑談に答えたとき、それが友人や家族にするような言葉遣いでは、評価の下落につながりかねません。まして、緊張感は語彙を狭めます。大切な場面ほど、使い慣れない言葉は使えないと思った方がいいでしょう。たとえ同期や友人にからかわれても、日常の言葉遣いから丁寧なものを心掛けることをお薦めします。

使い分けが評価を決める

 正しい言葉遣いを知り、それを実践できるようになれば、あなたの知識はすでに豊富かつ有益なものとなっているでしょう。語彙も増え、仕事に関連する専門的な言葉も、ボキャブラリーにあることと思います。しかし、過ぎたるは及ばざるがごとしと心得ましょう。

 状況によっては、あえて平易な言葉を選ぶことも、心がけるべき言葉遣いの一つ。あなた自身は当たり前に使っている言葉でも、相手によってはその言葉が難しいこともあるのです。知識にない言葉を仕事上で何度も使われては、仕事がしにくくなる一方でしょう。

 また、相手が全くの異業種の場合、専門用語は通じなくて当たり前です。それに気づかず、専門用語をまくし立てては「気が利かない」あるいは「バカにされた」と思われても文句は言えません。「自分の知識は相手も知っている」と思わないことが、適切な言葉を使う大切なポイントの一つです。


 言葉遣いの大切さは、相手の立場に立ってみれば、なお実感できると思います。正しい言葉使いは、信頼感を呼ぶのです。あなたの評価を決めるのは、仕事はもちろんのこと、あなたの言葉であり、言葉遣いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する