1. 求められているのは結果の質!仕事で役割を果たすために意識しておきたい考え方

求められているのは結果の質!仕事で役割を果たすために意識しておきたい考え方

by ***Bud***
 仕事には人それぞれ与えられた役割というものがあります。つまり、それは成し遂げることを期待されたものという事であって、果たすべきタスクという事です。まずは自分に与えられた役割をきちんと把握しておくことが大切ですが、いかにしてその役割を果たすかということを考えなければなりません。そのために意識しておくべき事を挙げてみたいと思います。

役割を果たすという意味

 役割を果たすとは、どのような事を意味するのかをまずは考える必要があります。なすべき結果があると同時に、その間の責任を持つということも含まれることを認識しておく必要があります。

 つまり、自分に与えられた役割には、その責任も付随するという事になります。そこで、役割を果たす上では負うべき責任があることを意識する必要があることを知っておくことが大切です。

結果に対する品質を保障する

 仕事に責任を持つということは、一言で言えば結果に対しての品質を保証するということです。求められるレベルの品質以上を追求すると言っても良いかもしれません。また、その過程においても、その品質を維持するための負担を周りの関係者に求めないということもできます。

 つまり、何か事故が起きたとしたならば、たとえそれが間接的に誰か他の人に任せたことが原因であっても、自分に責任があるという事です。仕事の遂行には他の人の力を借りることもあるかもしれません。けれども、そこに責任を求めてはいけないということです。それが、本当の意味で自分の役割を果たすという事になります。

役割とは限定的なものではないと知ること

 役割が与えられると聞くと、ここまでの事をすればよいという意味合いに感じるかもしれませんが、実はそうではありません。それに関わり付随することは全て、自分の役割だと認識することが必要です。

 たとえばマーケティングリサーチを頼まれたとします。そしてその結果を報告して終わり、では役割を果たしたとは言えません。その結果がその後の販促や開発の役に立っていなければならないからです。つまり、自分に与えられた仕事には何が求められているのかをまず最初に把握しておくことが必要という事になります。求められている事を表面だけ捉えてはいけないということです。

まとめ

 以上のように役割を果たすということは、その過程から結果において責任を持つこと、そして求められている本当の目的をきちんと把握して、その結果を出すことと言えます。自分に与えられた役割の意味をしっかりと考えた上で、求められる結果を、あるいはそれ以上のものを成し遂げる事を意識することが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する