1. 【あなたはどっちのタイプ?】「周囲の目が気になる…」という人にオススメのタイプ別意識改善法

【あなたはどっちのタイプ?】「周囲の目が気になる…」という人にオススメのタイプ別意識改善法

by Wolfgang Staudt
 周囲の目が気になって思うようなパフォーマンスが発揮できない。そんな悩みを抱えている人は少なくありません。周囲の目が気になるのは、それぞれの性格や性質が原因となっていることが多く、自分がどのようなタイプの人間なのかを知ることができれば、有効な対処法を探すことは難しくないでしょう。

 今回は、周囲の目が気になって仕事のパフォーマンスが出せない人のためのタイプ別改善方法を紹介します。

1. 失敗したら怒られそうと思うタイプ

 失敗したら怒られそうと思って、パフォーマンスが発揮できない人は、人から褒められることや人に頼りにされることに何よりの喜びを感じるタイプです。このタイプの人は相手に好かれたいと考えて行動を選択するため、自分にはできないような仕事でも、ついついいい顔をして引き受けてしまいがちです。

 もしあなたが失敗したら怒られそうと思って、パフォーマンスが発揮できないタイプであるならば、仕事をしている姿勢を見せることが相手の喜びにつながるのだ、と意識を改善しましょう。

 一生懸命働いている姿勢をアピールすれば、相手はあなたの働きぶりに感心し、感謝の気持ちを持つはずです。周囲の目が気になって思うようなパフォーマンスが発揮できないのであれば、周囲の目を利用してパフォーマンスを改善してしまえばいいのです。人から褒められることや人に頼りにされることに喜びを感じている人は、周囲から注目の的になること自体に喜びを感じるでしょう。

 あなたにとって最悪の状態というのは、仕事が出来なくて怒られることでも仕事の効率が悪化することでもなく、周囲が自分に無関心で誰も注目してくれない状態です。周囲の目が気になることは、周囲があなたに注目しているということ。気になりがちな周囲の目を観客の目として捉えれば、自分の仕事のモチベーションにつなげることができるでしょう。

2. 弱みを見せたくないタイプ

 弱みや無様な姿を見せたくなくて周囲の目が気になってしまう方は、成功や評価を第一に考えるタイプです。このタイプの人は、自分が相手よりも上か下ということを何よりも気にし、成功や勝利に対して大きな喜びを感じます。

 もし失敗した姿を見られたら周囲から下に見られてしまう、という意識がパフォーマンスを低下させているのですから、対処法は明確です。

 あなたがバリバリ働いている姿は、周囲にとっては脅威や尊敬に繋がります。周囲の目をあらさがしに考えるのではなく、自分の実力を示して周囲の人間よりも上だということを示す絶好の機会と考えましょう。

 仕事の成果ははっきりと形に表れて優劣がつくものですが、仕事をしている途中の姿も評価や優劣に結びつくもの。そのように考えれば、周囲の目を気にするのではなく自分の能力をアピールすることに利用しようと考えるのは自然な行動と言えるでしょう。

 テキパキと仕事をこなす姿をアピールすれば、自身の仕事のパフォーマンスを改善しながら周囲に自分の能力をアピールすることができます。成果を出すための過程と考えるのではなく、常に競争の渦中にいるのだという意識を持ちましょう。


 周囲の目が気になって思うようなパフォーマンスが発揮できないのは、過剰に周囲を意識しているからに他なりません。人間はそれほど他人の行動には注意を払っていないもの。あまり深く考えず、リラックスした気持ちで仕事に臨んでください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する