1. 出来る部下の印象GET!上司の期待に応えることが出来るたった2つの行動のコツ

出来る部下の印象GET!上司の期待に応えることが出来るたった2つの行動のコツ

by Hsiung/d6478coke
 仕事をする上で、部下としては上司の期待に応えたいと思うものです。期待に応えることができれば信頼も得られ、重要な仕事を任せてもらえるようになります。そしてそれは自分としても仕事の覚えが早くなり、そこでよりスキルを磨くことにもつながっていきます。ここでは、そのような好循環になるために、どのようなことに気をつけながら仕事を進めていけば良いのかを考えてみたいと思います。

期待以上の仕事を目指す

 上司に依頼をされた際には、求められた仕事以上の成果を出すことを意識してみましょう。たとえばコピーを頼まれた際に、「この資料にファイリングは必要ですか?」「製本は必要でしょうか」などと一声かけることによって上司はあなたをきちんと考えて仕事をこなしている、と評価します。常に頼まれたことにプラスαの意識を持ちましょう。

 ただしこのとき勝手な行動になってしまわないことが重要です。よかれと思ってやったことが上司にとっては余計なことになってしまう場合もありますので、きちんと確認をしながら仕事を進めることが重要です。

上司の指示を的確に仰ぐことが出来る

 上司は適切に報連相が出来る部下に信頼や期待を寄せます。イレギュラーがおこった際などに、これは自分でなんとか出来る問題なのか上司に指示を仰ぐべきかを理解出来る能力を持ちましょう。

 ルーチンワーク意外の仕事が発生した際に逐一上司に指示をあおいでいるようでは、上司は自分で考える事のできない部下だと思ってしまうかもしれません。

 自分の出来る仕事の範囲をきちんと理解し、その場に合った対応を臨機応変に行うことが出来ることこそが上司の期待に応える近道になります。

 
 仕事のスキル以外でも少しの心がけで上司から出来る部下だと思ってもらうことも可能なのではないでしょうか?今回紹介した上司の期待に応える方法でぜひキャリアアップを目指してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する