1. 残業月100時間はヤバい!どんなに忙しくても超えてはならない残業時間の一線

残業月100時間はヤバい!どんなに忙しくても超えてはならない残業時間の一線

  • 92920views
  • 0fav

 会社が忙しくてお願いされるとつい残業してしまったり、仕事の量が多すぎてたくさん残業せざるをえなかったり…と様々な理由で残業をしてしまうことがありますよね。そんな状況を毎日毎日繰り返していると残業時間は積もりに積もってしまうのです。その結果1ヶ月の残業時間が100時間を超えてしまった!なんてこともあるかもしれません。しかし、それってものすごくキケンであるって、知っていましたか?

残業時間100時間を超えるのは違法?

 残業時間が100時間と聞いてまず「残業時間が100時間もあるのって違法なんじゃ…?」と疑問に思いますよね。ズバリ、 合法なのです。
 しかしそれには条件があって、その使用者が労働基準法第36条に基づいた協定を労働者との間で結んだ(36協定を結んだ)場合のみ月に100時間を超える残業をすることが違法ではなくなります。

 36協定を結ぶことで、残業や休日出勤に関して決められた報酬を支払えば労働時間を延長しても問題はなく、さらには36協定にある特別条項を利用することで1ヵ月100時間を超える残業が違法ではなくなるのです。

出典: 知っておきたいブラック企業の実態 - 日経ウーマンオンライン - 日経BP
 つまり、労使協定を結んでいない場合は疑いもなく 違法です。「私は何も契約していないのに月に100時間を超えて残業している!!」なんて人は今すぐその苦労から解放されるチャンスがありますよ。

月100時間以上って身体的に大丈夫?

 1ヶ月の中で通常の労働時間にさらに残業時間が100時間もプラスされているとなるとかなりの時間働いていることになりますよね。これは、誰から見ても「働きすぎ」です。いくら法律的に合法であったとしても、私たちが人間である以上、身体にかなりの負担がかかってしまっています。
 働き過ぎの人に1番心配されるのは、「過労死」の問題です。

過労死(かろうし)とは、周囲からの暗黙の強制などにより長時間残業や休日なしの勤務を強いられる結果、精神的・肉体的負担で、労働者が脳溢血、心臓麻痺などで突然死することである。

出典: 過労死 - Wikipedia
 上記のように、過労死の原因は働き過ぎなのです。そのような企業にとっても労働者にとっても最悪の事態を避けるために、厚生労働省が過労死として認定している残業時間の基準を知っていますか?

 まず、1ヶ月に45時間以上の残業が要注意であると示されています。

発症前1ヶ月ないし6ヶ月にわたって、1ヶ月あたりおおむね45時間を超える時間外労働が認められない場合は、業務と発症との関連性が弱いが、おおむね45時間を超えて時間外労働時間が長くなるほど業務と発症との関連性が徐々に強まると評価できること

出典: 過労死ライン残業時間1ヶ月45時間以上は要注意80時間以上は危険水域
 月に100時間も残業している人の半分以下の残業時間であるにも関わらず、過労死として認定されるケースがあるのです。では、一体100時間以上にもなってしまうとどのような基準があるのか気になりますよね。

発症前1ヶ月間におおむね100時間または発症前2ヶ月間ないし6ヶ月間にわたって1ヶ月あたりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強いと評価できることを踏まえて判断される。

出典: 過労死ライン残業時間1ヶ月45時間以上は要注意80時間以上は危険水域
 つまり、1ヶ月に100時間を超えて残業をしている場合は過労死のリスクが高くなってしまうのです。

月100時間を超える違法残業事件

 人の死が関わってくることが分かった以上、残業時間を侮ることは出来ませんよね。そのため、多くの訴訟事件が発生しているのです。

平成23年の事件

被疑会社は、平成22年3月15日から同年5月28日までの間、
同社第2工場の労働者10名に対し、

当署に届け出た「時間外労働・休日労働に関する協定書
(いわゆる特別条項付きの36協定)」
で延長することができる限度の1か月100時間を超えて、

1か月について2時間23分ないし93時間14分の
労働をさせたものである。

出典: 月100時間を超える違法な時間外労働で書類送検 | 労働基準監督署 ...
 このケースは、36協定を作成していました。さらに、残業代も漏れなくしっかりと支払われていました。それなのに、なぜ書類送検されてしまったか分かりますか?

 36協定を結んでいれば何時間でも残業させても構わないという訳ではないのです。このケースでは、当該者は1ヶ月に102時間23分〜193時間14分も残業を行なっていました。これでは、いくらなんでも「働き過ぎ」であることは誰の目から見ても一目瞭然ですよね。企業側も、労働基準法のみならず前項の過労死認定基準にまで気をつけなければならなかったのです。


 以上のことからも分かるように、1ヶ月に100時間以上も残業をすることは大変キケンなことです。脳疾患や心臓疾患などを引き起こし、最悪の場合には死に至ってしまうこともあります。暮らしを豊かにするための仕事で人生を台無しにすることのないよう、気を付けてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する