1. ビジネスシーンでは絶対に欠かせない!ビジネス英語で別れの挨拶を相手に伝える文例

ビジネスシーンでは絶対に欠かせない!ビジネス英語で別れの挨拶を相手に伝える文例

by Ellie O. Photography
 近頃はビジネスで英語を使う方も増えてきていますよね。そんな時に絶対に欠かすことの出来ないのは「挨拶」ですよね。ここではビジネス英語で別れの挨拶を相手に伝える文例についてみて紹介していきます。

お会いできてよかったです

  It was a pleasure meeting you.(お会いできてよかったです。)と今回相手とビジネスができたことに対してまずはお礼を言いましょう。相手が言ってきてくれた時には、 The pleasure was mine.(こちらこそ、お会いできてよかったです。)などと答えましょう。

  Nice meeting you.(お会いできてよかったです)という表現もありますね。これは学校などでも習ったと思いますが、ネイティブでは人によったら最後の挨拶にも最初に会った時にと私たちは習いましたが、 Nice to meet you.を(お会いできてよかったです。)と言う表現として使う人もたまにいますので、びっくりしないように覚えておきましょう。

またお会いできることを楽しみにしています。

  I'm looking forward to seeing you again.(またお会いできることを楽しみにしています。)仕事で関わりたい人にはこのように言ってみるのも良いでしょう。その後は、普通の会話をつづけましょう。そして、 I’ll see you around.(それではまた)や Bye for now.(さようなら)などで締めくくると良いですね。

  I enjoyed working with you.(一緒に仕事ができて楽しかったです。)などと場合によっては付け加えたりしてあなたの気持ちを表現してみてもいいかもしれません。

電話では

 電話などでビジネス英語を使う時には、直接会っていないので、 Talk to you later.(それではまた。)という風にTalkを使うと良いですね。


 ビジネス英語を使用する際には、上記のことを参考にして正しいお別れの挨拶をしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する