1. 1度決めたら徹底的に行なおう!企業が他社との差別化を行なう際に気を付けておくポイント

1度決めたら徹底的に行なおう!企業が他社との差別化を行なう際に気を付けておくポイント

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 企業として生き残るために、差別化は絶対に欠かす事の出来ない重要なテーマです。しかし、他社との差別化を行う上でどのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。ここでは、企業が他社との差別化を行なう際に気をつけておくべきポイントについて紹介していきます。

消費者に違いを認識してもらう

 差別化を行う目的は他社と違った商品やサービスを提供することによって、顧客に自社の商品やサービスを選んでもらうことにあります。まずは、この目的を会社としてしっかり認識するようにしましょう。

 その上でまず他社との差別化を行う上で重要なポイントとなるのは、「差別したい点をしっかりと消費者に理解してもらえるか」です。商品やサービスを販売する側は差別化しているつもりでも、それを買う側である消費者がしっかりとこの違いを認識できなければ差別化は起こりません。そのような事態を避けるために、商品やサービス設定を行う際にはどうのようにしたら消費者に差別化したことを認識してもらえるかまで考える必要があります。

真似をされない

 差別化を行い消費者にもその違いをしっかり認識されたとしても、他社がすぐに似たような商品やサービスを販売するようでは、差別化戦略が成功したとは言えません。商品やサービス設定を行う際に、他社が真似をできない、もしくは真似し難い領域で差別化を図ることが、他社との差別化を行う上で次の重要なポイントです。

 その時点で、他社にはなく我が社のみが強みがあるといった領域で差別化を図ると、真似もされにくいでしょう。また、絶対に真似されないということはないため、パテントをしっかり取るなどして他社が真似をするとさらにお金がかかるような仕組みを作ってしまうことも良い戦略でしょう。

徹底して差別化を行う

 差別化戦略は他社とは違うことを行い、その結果が必ずしも良い結果になるとは限らない点で企業に恐怖感を与えます。しかし、この恐怖感にかられ差別化戦略を中途半端に行うようでは、良い結果は決して生まれません。差別化戦略のリスクが大きいようであれば、実行すべきでありません。

 そして、実行するのなら徹底的に行うべきです。これが、他社との差別化を行う上で重要なポイントとなります。そして、徹底して差別化を図ることで消費者にもさらにそれを認知してもらえるのではないでしょうか。


 今の自分の会社に満足していなかったり、向上を求めている人は、上記のことを参考にして他社との差別化を図ってみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する