1. 【厳粛な場に】お葬式でもOKなネクタイの結び方とマナー

【厳粛な場に】お葬式でもOKなネクタイの結び方とマナー

 お葬式はマナーが大切になる場面の1つ。ビジネスマンとして、きちんとしたマナーや身だしなみを理解しておくべきだろう。

 ここでは、お葬式に適したネクタイの結び方、またはマナーを紹介する。

派手な結び方は避けるべき

 お葬式のネクタイの結び方に、厳密なルールは決められていない。ただ、パーティー用の結び方などは避けたほうが良いだろう。

 シンプルノットや、ダブルノットなど、普通の結び方がマナーとして最適だ。

色や光沢に気をつけよう

 お葬式用のネクタイとしては、黒色で、光沢のないものを選ぶのが一般的なマナーと言われている。
 
 ビジネスシーンはもちろん、お葬式でも使えるネクタイの例をいくつかご紹介しよう。

ESTNATION

出典:zozo.jp
 ESTNATION(エストネーション)の黒ネクタイは、シルク素材ながら派手すぎることもなく、多様なシーンで使えること間違いない。

agnes b.

出典:zozo.jp
 agnes b.(アニエスベー)の黒無地のネクタイは上品さを持ちながら、フォーマルな
場所でも使えるデザイン。一本備えておけば様々なシーンで活躍してくれるだろう。

ネクタイピンはどうする?

出典:zozo.jp

ネクタイピンや胸ポケットのハンカチは身に着けないのがマナー

出典:男性の服装「通夜・葬儀・告別式」 - 葬儀・葬式のマナー
お葬式の場では、ネクタイピンをしないことがマナーだ。ネクタイピンは、光りもの、また装飾品として見なされるため、お葬式の場にはふさわしくないとされる。

結ぶときにはディンプルを作らないこと

出典:zozo.jp

[注意!] ネクタイの結び目にディンプルをつくるのはNG!

出典:ozie楽天|通夜・葬儀・告別式|シャツを着こなす基礎知識|
 お葬式ではネクタイを結ぶときにディンプルを作らないのがマナーとなっている。 オシャレを意識した着こなし方は極力避ける事が結び方のポイントなようだ。


 ネクタイの結び方や使い方にはTPOがある。正装に欠かせないネクタイに関しては、選び方、また結び方と共に頭に入れておいた方が良いだろう。ビジネスマンとして恥ずかしくない身だしなみとマナーをきちんと身につけておこう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する