1. 再現性とはつまり「成功」への第一歩!仕事の再現性を上げる2つのコツ

再現性とはつまり「成功」への第一歩!仕事の再現性を上げる2つのコツ

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 仕事のできる人は、どんな仕事をしても成功を収めることが多いと思います。別の言い方をすれば、彼らは仕事での再現性が高いということだと思います。では、普通の人が仕事の再現性をあげるためには、どのように考えたら良いのでしょうか。今回は、2つの考え方のコツを紹介していきたいと思います。

1.失敗・成功をするごとに必ず原因を追求する習慣

 仕事の再現性をあげる考え方のコツとしてまず挙げられることは、失敗・成功をするごとに必ず原因を追求する習慣です。失敗したら落ち込んでいる暇などありません。なぜ失敗したかを深く追求します。それによって、今後同じような失敗を繰り返さなくなります。

 失敗することが少なくなれば、自然と成功するようにもなりますが、成功を収めたときでさえも、その原因追求を徹底して行います。それにより、また次の仕事でも成功する確率を高められるので、結果的に再現性もあがってくるのです。

 成功を収めたのに、その余韻に浸るだけで原因追求を行なわないと、結局「たまたま」「運が良かっただけ」ということになります。多くの人が成功の原因追求を怠ったために、たまたま成功したというような状態になってしまうのです。

2.プロフェッショナリティの意識を持つ

 2つ目の仕事の再現性をあげる考え方のコツは、自分の仕事において常に向上する努力を惜しまず、プロフェッショナルの意識を持つことです。日本の会社ですと、上司から与えられた仕事を問題なく行なうことに重点が置かれていますが、それはプロフェッショナルでも何でもありません。

 プロフェッショナルな人物は、ある特定の分野で専門的な知識を持ち、その知識を自身の知恵に替え付加価値を提供できる人物です。もちろん、誰しもがすぐにプロフェッショナルになれるわけではありません。しかし、今自分の行なっている仕事をしっかりと考えながらこなし、意識を持つことで、プロフェッショナルな人物に近づき、さらに再現性も高められるのです。


 この2つの考え方をしっかりと身につけることによって、仕事の再現性は確実に向上していきます。そして、それにより仕事でコンスタントに数多くの成功を収めることができる人物になっていくのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する