1. ビジネスライクな関係は絶対NG! 仕事上での人脈形成において気をつけたいポイントと注意点

ビジネスライクな関係は絶対NG! 仕事上での人脈形成において気をつけたいポイントと注意点

ビジネスライクな関係は絶対NG! 仕事上での人脈形成において気をつけたいポイントと注意点 1番目の画像

 突然だが、あなたは仕事上で人脈を築くことができているだろうか?

 仕事での人脈形成とは「仕事で困ったときに助けてもらえる」「仕事で困っている人がいたら、何か役に立てないかと動く」というような関係の構築のことを指す。

 本記事では、そんな人脈形成で押さえるべきポイントと注意点について述べていきたい。

「ビジネスライクな関係」では人脈形成ができない

 人脈形成において重要なポイントは、「仕事上で短期的にお互いを利用し合う、利益重視のビジネスライクな関係であってはならない」ということだ。

 ビジネス上の利益だけで人脈形成をした場合、仕事の状況が変わればすぐに人間関係も崩れ去ってしまう。

外部との人脈形成以上に、社内の人脈形成が大切!

 また、仕事では外部の人脈形成、すなわち外部のネットワークを広げることだけがビジネス上で有利になるケースはあまりない。

 むしろ、社内関係者と信頼ある人脈形成をすることのほうが、長期的な視点で見たときに恩恵を受けることが多いだろう。

 外部のネットワークを広げることも大切だが、社内関係者との信頼ある人脈形成を疎かにしないように気をつけてほしい。

ビジネスライクな顧客関係では、人脈形成できない

 また、ビジネスライクな関係では人脈形成ができないというのは、顧客関係を築く上でも同様である。

 広く浅いビジネスライクな顧客関係よりも、狭く強固なリレーションシップこそが大切であることを覚えていてほしい。

人脈形成における3つの注意点

人脈形成における注意点①:ギブ・アンド・テイクを求めない

 人脈形成の際、仕事上でギブ・アンド・テイクを求めないことが肝要である。

 誰かに仕事で助けてもらったとしても、その人にお返しするのは10年後であってもいいのだ。

 相手が困ったときに助ける、という“思いやり”こそが人脈形成において重要であると覚えておこう。

人脈形成における注意点②:修羅場から逃げる=人脈形成のチャンスを逃す

 一緒に仕事の修羅場を経験することは、人脈形成において必要不可欠といってもいい事柄だ。

  どんな人と人脈形成するのか?と考える人脈形成の初期段階では、自分自身の意思や考えが少しばかり関係するかもしれない。

 しかし、信頼のおける人脈形成においては、自身のバイアスがかかった状態から一歩踏み出す必要があるのだ。

 人脈形成を深めるためにも、仕事の修羅場を一緒に経験してみるといいだろう。一緒に苦労を味わった経験が、信頼のおける人脈を築いてくれるはずだ。

人脈形成における注意点③:人脈形成に必要不可欠な「自己開示」

 また、人脈形成には「自己開示」という要素も必要である。

 自己開示するためには、「私はこう思う」「こう考える」などと自身の経験を話してみるといいだろう。

 自己開示することで、「私は人の役に立てる」という自信や「あの人はいざという時に私の相談にのってくれる」という相手に対する信頼や確信が生まれるのだ。

 こういった自信や信頼は、信頼のおける人脈形成にあたって必要不可欠である。

 自己開示することは、人脈形成に有用であると覚えておいてほしい。


 仕事における人脈形成のポイントと注意点について、理解していただけただろうか。

 人脈形成をする際、間違えた事をしてしまうと人脈形成が逆効果になってしまうことがある。

 上記のことを参考にして、慎重に人脈形成をしてみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する