1. ビジネスライクの関係は絶対NG!仕事上での人脈形成に気をつけたい重要なポイントと注意点

ビジネスライクの関係は絶対NG!仕事上での人脈形成に気をつけたい重要なポイントと注意点

by ai3310X
 あなたは、仕事上での人脈を築くことが出来ていますか。仕事での人脈形成とは、「仕事で自分が困ったときに、助けてもらえる」あるいは「相手が仕事で困っていたら、自ら進んで何かお役に立てないかと動く」というような関係の構築のことを指します。ここでは、人脈形成の際の重要なポイントと注意点について述べていきます。

人脈形成の際の重要なポイント

 人脈形成の際の重要なポイントは、仕事の上で、「短期的にお互いを利用し合いお互いが利益になるようなビジネスライクの関係」であってはならないということです。単に、ビジネス上の利益だけで人脈形成を考えているのなら、ビジネスの状況が変わればすぐに人間関係も無くなってしまいます。

 また、仕事では外部の人脈形成、すなわち外部のネットワークを広げることが有利になるということは実際には多くありません。むしろ、社内の関係者との信頼ある人間関係という人脈形成の方が重要であったりします。

 また顧客についても、多くの顧客と関係が強くない状態よりも少なくても強固なリレーションシップが重要です。ビジネスにおいては顧客との信頼関係が重要です。人脈形成の初期のどんな人たちと人脈形成するのかというステージでは、自分自身の意思や考えも少しは関係するかもしれませんが、やがて仕事の修羅場を一緒に経験したというようなことが長期的に信頼からなる人脈形成につながっていきます。

人脈形成の際の注意点

 人脈形成の際の注意点は、短期的な仕事上のギブ・アンド・テイクを求めないことです。いま、誰かに仕事で助けてもらったとしても、その人にお返しするのは10年後であっても良いでしょう。相手が困ったときに助けてあげることが出来ることが重要です。一緒に仕事の修羅場を経験することで人脈形成の財産が出来ます。一生、お互いに信頼出来る関係となることでしょう。

 さらに、人脈形成の際には、自己開示が重要です。「私はこう思う」「こう考える」ということを、自身の経験を開示し語ることが人脈形成に非常に有効です。また、「私は人の役に立てる」という自信や、「あの人はいざという時に私の相談にのってくれるだろう」という相手に対する信頼や確信があることが、人脈形成を強固にしていくものですよ。


 仕事で人脈形成をすることは大変重要なことであるということはお分かりでしょう。しかし、その人脈形成をする際に間違えた事をしてしまうと人脈形成が逆効果になってしまうことがあります。上記のことを参考にして、慎重に人脈形成をしてみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する