1. 転職希望者は要注意!ボーナス支給前後の退職のタイミングはいつがいい?

転職希望者は要注意!ボーナス支給前後の退職のタイミングはいつがいい?

 退職のタイミングの中で重要になるのが、ボーナスをもらえるかもらえないかということ。貰えるのであればしっかりと受け取りたいものですよね。ここでは、ボーナス支給前後に退職する最適なタイミングを紹介します。

基本は「就業規則をよく読むこと」

 ボーナスに関しての法律はありません。ボーナスについては、会社の就業規則で規定されています。もし退職する前にボーナスが欲しいと思うのであれば、就業規則をよく読むことが重要になります。

ボーナスがもらえないタイミング

就業規則等に定められている「ボーナスの支給日」に在籍していない者に対しては支給しないことが、判例で概ね認められています(「支給日在籍要件」といいます)。

出典: 給与やボーナスは退職してからももらえるか? |転職ならDODA(デューダ)
 ボーナスに関しては、会社の就業規則によって定められている場合がほとんどです。多くの会社では、ボーナスの支給日に会社に籍がないと、原則としてボーナスはもらえないことになっています。ボーナスをもらいたいのであれば支給日の後に退職するようにしましょう。

有給消化中はボーナスが手に入る

賞与の支払いに関し、「支払日に在職中の者すべて」と規定しているのであれば、有給休暇消化中であっても、賞与をいただくことはできるということになりますよ。

出典: 転職Q&A 「退職日までの有給休暇消化中に、賞与の支払日がきたら ...
 多くの企業では、ボーナスを会社に在籍している人間全員に支払うと決めています。そのため、有給休暇中であっても、ボーナスが支給されます。

退職宣言後はボーナスが下がる!?

中小企業などで経営者の判断によって支給額が決められる場合には、賞与支給日前に退職の意思表示をすることで、支給額が少なくなる場合はあります。

出典: ボーナス転職で損をしない基本ポイント5|転職ノウハウ|転職・求人 ...
 退職の宣言や辞表の提出が、ボーナス支給日よりも前だと、ボーナスに関する査定に響き、ボーナスの支給額が下がってしまう場合もあるでしょう。全額もらいたいのであれば、ボーナスを支給されてから退職する旨を言う方が良い判断と言えます。


 ここでは、退職前後にボーナスがある場合の賢い退職のタイミングの決め方を紹介しました。貰えるところはしっかりともらってトクする退職の仕方を身につけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する