1. 全部に目を通してはいけない!?進捗管理が苦手な人にオススメの進捗管理の手法

全部に目を通してはいけない!?進捗管理が苦手な人にオススメの進捗管理の手法

by Takashi(aes256)
 進捗管理など何かと予定を立てる上で、どうしてもうまくいかなくて管理ができないという経験はありませんか。どうしても進捗管理ができないというときに、どうしたらもうちょっとうまく管理が出来る方法があったら知りたいですよね。そこで、そのような方のために今回は進捗管理が苦手な人におすすめの進捗管理の手法について紹介していきます。

余裕を持ったスケジュールを作成する

 進捗管理が苦手な人におすすめの進捗管理の手法としては、スケジュールに少し余裕があるような空き時間を作っておくことが重要です。進捗管理ができないという人の中には、スケジュールをできる限り限界までやって管理していうという人が多くいます。

 そのようなスケジュール管理では、何かトラブルがあったりしたときには完全に予定が狂ってしまって作業がうまくいかないという事態が起きてしまうことがあります。そのような事態を避けるためには、もし何かあったときのために時間には十分な余裕を持つようにしましょう。そうすることで、問題に対処してもそのほかの予定を圧迫しにくくなり、精神的にも管理面で余裕が生まれてきますよ。

進捗管理で見るべき部分を固定する

 進捗管理が苦手な人におすすめの進捗管理の手法として、進捗管理で確認する部分を固定しておくというものがあります。進捗管理をしていると気になってしまって逐次状況確認を行うようでは、確認に手を取られてしまってそのほかの仕事に影響が出てしまいます。

 そのような負担が少なくするために、確認する部分についてはできる限り一定の間隔などで固定化してそれ以外の時には見ないようにしましょう。そうすることによって、管理するときの負担も減らすことが出来ます。

 さらに、管理が一定的であればいつもと違っているというようなことが起こったときには定期的に管理していた方がだいたいの作業ペースなどを把握出来ているため、進捗管理の際にはできる限り確認する部分や時間を固定的にしておくことで、管理がしやすくなるというのと同時に習慣が身につくことによってさらに管理ができやすくする癖もつきますので、この方法は特にオススメです。


 多くの作業に追われていて進捗管理をすることが苦手という人は、是非上記の技法を参考にしてみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する