1. これだけやっておけば間違いなし!仕事における思考力を鍛える方法

これだけやっておけば間違いなし!仕事における思考力を鍛える方法

by BONGURI
 最近のビジネスシーンでは、考える力、つまり「思考力」が必要とされています。思考力を鍛える際には出来る限りより効率のいい方法で鍛えていきたいものですよね。ここでは、より効率よく思考力を鍛え、生産性を向上させる方法について述べていきます。

先を予想してみる

 これは思考力を鍛える方法としてはかなりポピュラーな部類に入ることでしょう。毎日漫然と通勤をし、特に考えもせず仕事をして一日を終わってしまっていては思考力は鍛えられません。そういう人は、毎日日常的に見ている風景の「先を予想してみる」ということを意識して行なうようにしましょう。

 例えば朝の通勤電車、つり革につかまりながら駅内構図を想像します。そして「今日は週末だから◯◯出口がこむな」といった具合に、次に起こることを今持っている情報で予想してみましょう。

流れを理解する

 次に思考力を鍛える方法としては「流れを理解する」という方法も有効です。これは、自分の仕事や朝の通勤電車の人の流れでもいいのですが、全体の流れを考えみるクせをつけると思考力が格段に上がっていきます。

 例えば、いつもの帰り道で駅の特定の入り口が混んだりしていませんか。そういう「ちょっとした疑問点」を手がかりに、駅周辺の人の流れを考える、と言った具合に流れを理解してみましょう。

人に説明する

 これは先ほど説明した方法とは違ったアプローチです。人にうまく説明しようとする場合には、頭のなかにあったビジョンを明確にしていく必要があります。その「ビジョンを明確にする」作業そのものが、思考力を鍛える方法になっているのです。

 例えば現在状況を上司に報告する際、上司の質問の数を数えておくという方法もあります。質問の数が多ければ多いほど、説明が上手く行っていない証拠ですよね。そのため、質問の数を減らすように努力していくと自然に思考力を鍛えることが出来ますよ。

本を読む

 本を読む際には、単なるハウツー物の本を読むのではなく小説などの文字数の多い本を読むとより効果的です。そうやって本を読めば読むほど人に対する説明も上手になり、その結果思考力が上がっていくことに繋がっていきます。


 自分には思考力が足りないと考えている人は、上記のことを参考にして思考力を鍛え、更なるスキルアップを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する