1. 企業が「今」実行するべきマーケティング戦略!ブランディング戦略を学べる本4選

企業が「今」実行するべきマーケティング戦略!ブランディング戦略を学べる本4選

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 マーケティングを行う上で最も重要な位置を占めるのがブランディング戦略です。ブランディング戦略とは、他社商品との差別化を図り、消費者に価値あるものとして一定の評価を得る事で市場及び業界の一定の地位を確保する事を言い、商品及びサービスをどのようにブランド化しPRしていけば良いかといったブランド構築のプロセスが非常に重要な要素となってきます。ここでは、マーケティングに欠かせないブランディング戦略を学ぶ上で役立つ本をいくつか紹介したいと思います。

1.ブランディング22の法則

 1999年、アル・ライズ、ローラ・ライズ共著、東急エージェンシー出版部より出版。この本では、世界中の人に知られる有名ブランド(ロレックスやエビアン等)を題材に、どのようなブランディング構築が成功の鍵を握るのかに関する22の秘密に迫る内容になっています。著者は長年コンサルティングを行ってきた人であるため、ブランディング戦略に関する様々なノウハウを簡潔にまとめてあり、マーケティング担当者にはお勧めの一冊です。

2.大企業から中小ベンチャー企業までの世界対応のブランディング成功のヒント19

 2014年、豊隅優著、文芸社より出版。この本では、ブランディング経験と実績が豊富な専門家である著者が、コンサルティング会社に頼らないブランディング成功の秘訣を紹介しています。ブランディング戦略を行う上での取り組み方や基本的な考え方を、ブランディング戦略に成功した事例(アップルやコカ・コーラ、スターバックス、BMW等)を基に分かりやすく説明してあり、ブランディング戦略初心者でも読みやすい一冊です。

3.ブランディング7つの原則ー欧米トップ企業の最先端ノウハウ

 2012年、岩下充志著、日本経済新聞出版社より出版。この本では、トップコンサルタント達による最先端のブランディング手法が解説されてあり、世界のトップブランドがどのようにブランディング戦略を立てているのか、また、日本ブランドの最新事例等について紹介されています。著者は世界最大のブランドコンサルティング会社Interbrandの日本支社インターブランドジャパンの代表取締役であり、グローバル対応の最先端ブランディング戦略のノウハウが掲載されている一冊です。

4.ブランド戦略・ケースブック

 2012年、田中洋著、同文館出版より出版。この本では、日本と世界の特徴あるブランドのケースを取り上げ発展過程を詳細に掲載している、他の本ではあまり見られない内容となっています。ブランディング戦略を学ぶマーケティング担当者や学生にとって有用な一冊との事です。取り上げている企業としては、日系企業では三ツ矢サイダー、フラット35、セブン銀行、揖保乃糸、外資系企業ではBMW等となっています。著者は中央大学ビジネススクール教授でありかつて電通のマーケティングディレクターだった人物なので、実践的な視点から各企業のブランディング戦略を詳しく分析しています。


 以上、ブランディング戦略に関する本を4冊紹介しましたが、いかがだったでしょうか。ブランディング戦略によるブランド構築は企業が生き抜くために、欠かすことのできないものです。今回紹介した本を参考に是非、企業のマーケティングに活かしていってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する