1. プレゼンは資料作成から!英語で資料作成を行う際の3つのコツ

プレゼンは資料作成から!英語で資料作成を行う際の3つのコツ

 グローバル化に伴い、日本の会社で働く人も英語を使う機会が非常に増えてきています。そして、中には日本語ではなく、英語を使って資料作成を行う人も増えてきているのではないでしょうか。

 では、英語を使って資料作成を行う際のコツとはどのようなものでしょうか。英語の資料を作成する際には以下の3つのコツを意識してみましょう。

1.文章は短く完結に書く

 日本語は文章を長く書くことができる言語です。そしてまた、読み手にとっても長く書かれた文章を読むことには、それほど違和感がないと思います。

 しかし、英語は違います。英語では短く完結に書くことが非常に好まれます。ですので英語を使って資料作成を行う際は、極力文章は短く完結に書くように心掛けた方が良いと思います。

 そして、資料として使われるものでしたらその文章の量も極力少なくした方が良いかもしれません。

2.誰にでも分かる言葉で書く

 日本語ですと難しい言葉で書くことが美徳されます。しかし、英語では逆です。いかに簡単な言葉で書けるか、表現できるかが、重要となってきます。

 ですので、英語を使って資料作成を行う際にも、それ程専門的な言葉は使わずに、誰にでも分かる容易な言葉で書くことは重要となってきます。

 また、日本語の資料ですと時折内容よりも体裁に重きが置かれます。しかし、英語の資料では内容の方がより重点が置かれます。ですので、中身のある内容を容易な言葉で表現して資料作成を行うべきです。

3.表やグラフを利用する

 日本人である以上、私達が英語を話す時に上手く言い表せないことがあります。それは資料作成の時も同じだと思います。日本人である以上、英語を文章で表現するのにも限界がでてきます。

 それを補うために文章だけではなく数字、表、グラフを多めに使って資料作成を行い、視覚的に理解してもらうと良いと思います。

 最近ですと、英語圏では情報、知識、データを視覚的に表現したインフォグラフィックといったものが非常に良く利用されています。

 こういったものを交ぜ英語で資料作成を行うことは、今後さらに有益だと思います。

 これら3つのコツを利用すれば、英語を使って資料作成を行うこともそれ程難しく考える必要はないと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する