1. 明日まで?明後日まで?「一両日中」の意味を徹底解説!

明日まで?明後日まで?「一両日中」の意味を徹底解説!

明日まで?明後日まで?「一両日中」の意味を徹底解説! 1番目の画像

 ビジネスシーンで耳にする機会のある「一両日中(読み方:いちりょうじつちゅう)」。

 この「一両日中」のように「期限を表す言葉」は、相手との理解がずれてしまうとトラブルの元になることも。

 本記事を読み、あらためて「一両日中」の意味をしっかりと理解しよう。

「一両日中」の意味とは

明日まで?明後日まで?「一両日中」の意味を徹底解説! 2番目の画像

一両日中は「今日と明日」という意味で使われる言葉

 気になる「一両日中」の意味をしっかり理解するために、言葉を分解しながら解説を進めていく。

 一両日中という言葉は「一日(1日)」と「両日(2日)」が組み合わさって成り立っている。

 読んで字のごとく、「一日(1日)」と「両日(2日)」の「中(間)」を指すため、一両日中という言葉は「2日間」、つまり「今日〜明日中」という意味合いになる。

「一両日中」の解釈違いでトラブルが起こることも

明日まで?明後日まで?「一両日中」の意味を徹底解説! 3番目の画像

「一両日中」という言葉を誤用してしまっている人も

 適切な意味合いとしては上記で説明した通り「今日と明日」という期間を指す一両日中という言葉だが、わかりにくい表現であるがゆえに、誤用してしまうビジネスパーソンも少なくない。

「一両日中の意味」の正答率が世代間で大きく乖離している

 両日と聞いた際に「明日と明後日」と解釈してしまう人がいることが誤用の原因だ事実、最近は「使うべきではない放送用語」として一両日中が取り上げられている。

 実際、年代別に「一両日中の意味の受け取り方」についてNHKが実施したアンケーの結果では、一両日中を「明日まで」と解釈する人の割合が30代で70%に達している。

 一方、60歳以上の結果では一両日中を「明日まで」解釈する人の割合が45%程度にまで落ち込む。

「一両日中」は使わず、具体的な期日指定をするのが得策

 上記で解説したように、世代間における「一両日中という言葉の解釈の違い」は、ビジネスに関わらず、コミュニケーションを取る上で弊害になる可能性があると言えるだろう。

 「正しく理解できていない方に問題がある」というのは全うな意見であるが、ビジネスシーンにおいては、お互いの認識が異なる「一両日中」のような言葉を使うのは、あまり得策とは言えないだろう。


 重要な期限に関する連絡においては、「一両日中」と伝えるのではなく、「何月何日何曜日の何時まで」と具体的な日時を伝えるなど、言葉の解釈違いによるトラブルを避けるよう心がけるべきだ。


 意味がわかりにくい「一両日中」という言葉。

 自分自身が正しい意味合いを理解していたとしても、相手との相違があればコミュニケーションはうまくいかない。

 実際に使う場合は、相手との会話やメールのやりとりの中で期日の認識をすりあわせることを忘れないようにしよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する