1. 習うより慣れろ!実践で仕事における考える力を鍛える方法

習うより慣れろ!実践で仕事における考える力を鍛える方法

 ビジネスシーンにおいて、考える力を持っていることは、仕事の結果に大きな効果を与えることになります。会社における業務は基本的に決まっていない作業が多く、必要な結果を出せるシステムが存在しないことが多いでしょう。

 でも新システム導入は効果を上げる方法を考えて業務を進めるとその都度の目標を達成するだけでなく、それを倍増させたり業務の時間短縮が図れたりと、さまざまな効果が期待できます。

 そしてその成果は、仕事の評価にも必ずつながってきますし自分のスキルを自ら磨くことにもつながります。それでは、仕事で考える力を発揮できるようにするには、どのようにしたらよいでしょうか。

考える力を鍛えるには

 考える力を鍛えるには、まず意識することです。ルーティーンワークでも、それを改めて見直してみると、やりにくい事や時間がかかりすぎること、無駄を感じることが見えてくるでしょう。

 これをただやらないで、時間的にも作業的にも効率よくしようと意識し、方法を考え実践して効果や成果をあげる作業を自分に課してみることです。小さな事でも実践で学べる仕事で考える力を鍛える基本です。

 この発想で、関連する仕事に関しても同じように見直してみましょう。ここでは、自分だけの仕事の範疇でないため、管轄外の事情もかかわってきます。部署間での改善提案を申し出ることが必要となってきます。

それぞれの立場を認識して対応、提案、実施することがポイント

 仕事にはいろいろな種類があります。仕事の質、技術、発想力はそれぞれですが、その根幹にはそれぞれの人が立場を認識して対応、提案、実施したりすることが仕事のポイントとなります。

 それらは、現場での洞察や観察で実践的に認識していく必要がありますし、自分だけでなく全体を考察する必要があります。このようなことが、実践しながら仕事での考える力を鍛えていくことになります。

 仕事には、人間の嗜好や、感情も入っているため仕事を順調に進めるためには、配慮がなされていてこそ、スムーズに進むことが多いでしょう。それぞれの職種において、実践で考える力をつけていく必要があります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する