1. 社会人なら間違ってはいけない!「弊社」「当社」の使い分け方

社会人なら間違ってはいけない!「弊社」「当社」の使い分け方

by www.ian.ca
 日本語は同じ意味の言葉でも、いろいろ使い分けが必要人になります。今回は弊社と当社の意味の違いと使い分けの例文について見ていきましょう。

弊社の使い方

 自分の会社のことをみなさんは普通どう呼んでいますか。「当社」と呼んだり「弊社」と言ったり、TPOに合わせて使い分けておられる方も多いと思います。相手の会社のことも「貴社」と呼んだり「御社」と言ったりもしてしまうでしょう。

 同じような感じですけど、微妙にニュアンスが違うのが日本語の難しいところ。当社よりも弊社のほうが、へりくだった表現なのです。

 もしお客様ですとか、社外の人たちには「弊社」という言葉を使いましょう。例えば、お客様に自分の会社の説明をしたいときに「弊社では、このようなシステムを利用しております」「弊社ではこのような工場で商品を作っております」などが挙げられます。

当社の使い方

自社の社員だけの場合

 会社の人だけが集まる場面ですと、自分の会社をへりくだる必要はありません。そういう場合には、弊社ではなく当社を使いましょう。ですから、自分の会社の人同士の場合だったら当社を使うのです。

 「当社では、○○の開発に、力を入れていきたいと考えています。」という風に使うといいでしょう。

クレームや抗議の場合

 別の会社や組織の人と話す場合でも、何かクレームを言いたい、抗議をしたいなど別に自分の会社をへりくだる必要がない場合があります。そのような場合には、当社を使ってもいいのです。

 「当社ではこれらの確認は必要なことだと考えておりますが、そちらはいかがでしょうか。」などが良いでしょう。

 今回は弊社と当社の意味の違いと使い分けをみていきました。微妙なニュアンスの違いがあり、少しややこしいと思います。しかしこ、れらは社会人のマナーとして必要となってきますので、使い分けを間違うと失礼に聞こえてしまう事もあるので注意しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する