1. 気合いで仕事をする時代はもう終わり?根性論のメリット・デメリット

気合いで仕事をする時代はもう終わり?根性論のメリット・デメリット

 根性論と聞くとなんだか古臭い印象がありますが、今でも一定の支持を持っています。では、その根性論は今でも利用されているのはなぜなのでしょうか。また、逆に根性論はなぜ昔よりも支持されなくなってきたのでしょうか。そこで、今回は根性論のメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

メリット

 根性論のメリットは、基本的に精神的に弱っている部分を補ったり、活を入れて気合を入れるために用います。仕事上で、仕事が面白くないとどうしてもやる気が起きなかったり、仕事に集中していないとなると仕事の効率が悪くなります。

 そうすることによって、周りは気を引き締めて集中した環境を作ることができ自身も集中して物事が行えます。仕事に活力を与えるという面では、根性論はメリットがあります。

 また、根性論は精神的に苦しい時や仕事が多くて忙しい時に、なんとかして頑張ろうとして困難に打ち勝っていくためにも必要なものです。根性論は苦しい時のための状況を打破するためにも必要なものです。仕事での困難を乗り越えたり、精神的に気持ちを入れるときに根性論は必要になるでしょう。

デメリット

 根性論のデメリットは、論理よりも精神論が中心になり、相手が納得してくれる内容になりません。論理的な物事で解決を図る比重が高いものについてはいくら根性を出せと言っても、物事の解決には役に立たないのです。

 また、根性論ばかりだと論理的な説明が何もできないような人だと思われる可能性があります。それによって能力の低い人間であるとみなされたり、理不尽なことを押し付けてろくな指導ができない人であるという風に思われてしまいます。

 根性論を展開しすぎる周りの評価を下がる可能性があります。また、いまの若者たちは、根性論を展開してもそのような根性論丸出しの環境に育っている人たちは少ないです。そういった環境に耐えられなくて、かえってやる気が出なくなり恐れがあります。

 根性論は昔ほど利用できない面が数多くあります。仕事をしているとどうしても精神的な面で頑張らないといけない場面も出てきます。使い時を間違えなければ、根性論もよりよく使用することができます

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する