1. 【ビジネスメールマナー】英語で「了解しました」を伝える際の例文とその注意点

【ビジネスメールマナー】英語で「了解しました」を伝える際の例文とその注意点

 最近は英語をビジネスでよく使うようになりました。英語はどこの国とのやりとりでもまずは基本となってきます。今回はビジネス英語で了解した旨を伝える時の例文と注意点について見ていきましょう。

「了解しました」の例文

 普通口頭で言う時には、I understood it.(了解しました)です。メールの場合はその全体の内容を指すときには

Thank you for your correspondence.
 「メールをありがとうございます」

I have received your correspondence.
 「メール自体の内容を了解しました」

 了解しましたというには、日本人はunderstandをぱっと思い浮かべやすいと思います。acknowledgeはあまり使いなれないかもしれません。メールなどでは良く使います。

I understand that you can't attend that meeting.
「私は貴方がその会議に出席できないことを了解しました」
 
I acknowledge the meeting at the end of this week.
「今週末の会議の件、了解いたしました」

注意点

 ビジネス英語をメールで使う時ちょっと気をつけたいことがあります。それは、上司に使うのと同僚に使う言葉は違うということです。

 メールだと顔が見えないので、ちょっとしたことで誤解も生まるかもしれません。時間があるときにはできるだけ丁寧な言葉使いで書くように心がけるようにしましょう。


 いかがでしたでしょうか。ビジネス英語で了解した旨をメールで伝える際の例文と注意点についてみていきました。ビジネス英語をメールで使う時の参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する