1. 他社に劣らないモノとサービスを提供しよう!市場に優位性をもたせる差別化の基本概念 

他社に劣らないモノとサービスを提供しよう!市場に優位性をもたせる差別化の基本概念 

 差別化戦略とは、競合のモノやサービスと比較して機能や品質に差異を創り競争上の優位を獲得しようとする戦略です。今回は「市場に優位性をもたせる差別化の基本概念」についてご紹介します。

差別化の基本概念

 差別化戦略とは、市場全体を対象として競合の製品・商品やサービスと比較して機能や品質について差異を創りあげ、競争上の優位性を獲得しようとする戦略です。差別化戦略の実行には、①製品・商品自体を差別化するケース、②製品・商品のデリバリー方法で差別化するケース、③アフターサービスで差別化するケースが考えられます。

製品・商品自体を差別化するケース

 一つ目は、製品・商品自体を差別化するケースです。デザイン、機能、ネーミング、ブランドイメージなどで差別化を図り、市場での自社の優位性を獲得しようとします。

製品・商品のデリバリー方法で差別化するケース

 二つ目は、製品・商品のデリバリー方法で差別化するケースです。すなわち、お客様へ1日でも1時間でも早く製品・商品を届けることで差別化するケースです。

 注文した日のうちに製品・商品が届くことで、自社の整備された物流網や外部の物流会社との協力関係を表しています。さらに電話での注文だけしか受けられないようでは、自社が差別化するどころか、他社の差別化に劣後してしまいます。パソコンでのネット注文やスマホ対応が必須となってきています。

アフターサービスで差別化するケース

 三つ目は、アフターサービスで差別化するケースです。コールセンターの営業時間、対応時間、課題解決までの時間などが差別化の要素となります。メール対応についても、同様に顧客対応力が差別化要素となります。どこまでアフターサービスで対応できるかという基準で差別化を図ることもできます。

 以上が差別化する上での基本概念になります。3つのケースを参考にすることによって、今後の自社のビジネスモデルが変わってくるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する