1. 疲れがとれないときの気分転換法!まずは家族や友人に話してみるのがオススメ!

疲れがとれないときの気分転換法!まずは家族や友人に話してみるのがオススメ!

by SEIU Local 1
 ハードな仕事が続き、精神的にも肉体的にも負担がかかっている状態では、良い仕事は出来ません。時には気分転換をし、疲れを開放する事も大切な仕事となるでしょう。そこでハードな仕事が続き、疲れがとれないときにオススメの気分転換方法について紹介していきます。

人に話す

 ハードな仕事が続くと、「自分だけなぜこんなに大変なのか…」と精神的に孤独になりやすく、悪化するとそれがより疲れを貯める原因となります。ハードな仕事をしても、それをやる気や自信に転嫁できる人もいると思いますが、もし孤独感や精神的な負担を感じている人であれば、人に話す事が効果的です。

 家族、恋人、友人に話す、最近ではブログやSNSなどのネットを使って話す方法もあるでしょう。ポイントはハードな仕事をした、疲れたという事を自分だけの一時的な記憶にするのではなく、それを他の人に伝えて公開することです。そうする事で、精神的な疲れは解消されるでしょう。注意点としては、過度な愚痴のようなものになったり、相手に見返りを求め過ぎない事です。過度な愚痴となってしまうと、それが原因で人間関係の余計な問題が発生し、疲れをより生む事になりかねません。

 また「頑張った」「大変だったね」と、自分が求める見返りをしてくれる相手ばかりではないと思うので、下手に見返りを期待すると余計な疲れを生んでしまうかもしれません。適度に自分の事を話す事と、加えて話せる相手、受け止めてくれる相手を探す事が大切です。

体を動かす

 ハードな仕事が続き、特に精神的な疲れがとれない時は、体を動かすことが効果的です。スポーツをしたり、ジムに通う、ジョキングなど様々な方法がありますが、ポイントとしては体を動かし、汗を流して体を活性化させる事です。体を活性化させる事で精神的な内面的な疲れは大部緩和されます。手軽で効果的に気分転換する方法としては、最も確実な手段と言えるでしょう。

 こういった方法は、一時的なごまかしと捉える方もいると思いますが、精神的な疲れを取る事が目的であれば、下手に精神的な刺激を加えるのではなく、こういったわかりやすい方法が最も効果的です。肉体的にも疲れている場合は、より疲れを生む事になりかねないので注意が必要となります。

しっかりと休養する

 ハードな仕事が続き、精神的にも肉体的にも疲れがとれないとき、大きな負担が掛かっているときは、何もせずしっかりと休養する事も大切です。休日もアクティブに過ごした方が良いという人もいると思いますが、本当に疲れている時は、どんな有意義な時間を過ごしても、しっかり休養を取らなければ疲れはとれず、その後の仕事にも支障をきたします。そのため、しっかりと休養する事も時には非常に大切です。

 ポイントとしては、単にダラダラと過ごすのではなく、休む場合でも自身に合ったポリシーや意気込みを持って休む事です。例えば単にじっとしているだけでなく、気分転換出来る場所で休んだり、好きな音楽をかける、マッサージを行うなどです。また、食事もしっかり取りましょう。

 注意点としては、休養する場合でも生活リズムは守る事です。休みの日だけ、極端に食事時間や睡眠時間を変えると、後に仕事を再開した時に大きな負担がかかり、逆効果となってしまうかもしれません。


 疲れがとれないときの気分転換の方法として、このようなものがあります。人それぞれで疲れが取れるポイントにも差があると思うので、自分がどのような時に疲れがとれるかよく把握し、工夫を加える事も大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する