1. 仕事のミスをゼロにする抜本的な解決策!「注意力がない…」という人は注意し過ぎないことが大切

仕事のミスをゼロにする抜本的な解決策!「注意力がない…」という人は注意し過ぎないことが大切

by ronsaunders47
 自分には注意力がない、注意力がなかなか維持ができないなどが原因で、仕事が上手くいかないと感じている人も多いのではないでしょうか。注意力というのは個人の能力的な事よりも、心がけや対応方法が大きく影響しています。そこで注意力がないという人が注意力を上げる為の方法についていくつか説明します。

注意力を出す事だけを意識しすぎない

 まず、注意力を出すことだけに意識しないのが、意外と大切な点です。例えば、学生時代にテストや受験などで集中して勉強しなくてはならない機会があったと思います。そういった場合に注意力を持って行おう、集中力持って行おうと意識しすぎると、逆に注意力が散乱してしまった事があるかと思います。

 また車を運転している場合でも、事故を起こさない様注意し過ぎると、部分的な注意力は上がっても、意外な所を見落としてしまい、それが事故に繋がってしまう事もあるでしょう。注意力を持って行おうとする事は大切ですが、あまりにそれを意識し過ぎたり、一点のみに注意しようとすると、十分な注意力が発揮できなかったり、違う部分が盲目になってしまう事があります。

 そのため、注意力がないという人は、強引に注意力を出そうとするのでなく、適度に注意を払う姿勢と、部分的でなくその場の全体に広く注意をする心がけが大切になります。

別の事を考えない

 どんなに注意力がある人であっても、別の事を考えていたり、別の事に注意を奪われたりしていると、注意力というのは確実に落ちます。2つの事を同時に考える力を養う方法もありますが、注意力がないと感じる人であれば、まずは別の事を考える事を極力減らす事が大切です。

 特に、別の仕事が上手くいっていなくどうしたらいいか、仕事以外の悩みや不安などネガティブな事を考えてしまうと、今行っている事に対しての注意力は大きく落ち、注意力以外でもポテンシャルを十分に発揮出来ません。別に注意を奪われる事を減らす事が一番の解決ですが、それが無理な場合は仕事の際は今行っている事に集中する切り替えが大切です。

 また、仕事に関わる事であっても会議中や商談中などに先の事やアイデアばかり考えていると話している会話への注意力は落ちます。仕事に関わる事であっても今やる事と、後々考える事をしっかりと分けて考える姿勢が大切です。

仕事を抱え込まない

 抱えている仕事が多いと、注意を払わなくてはいけない事や考えなくてはいけない事の絶対量が増えます。こういった状況ですと、どんなに優秀であっても人である以上一つ一つの事に対する注意力は落ち、仕事の質も落ちます。注意力がないと感じている人なら尚更でしょう。

 仕事というのは単に量を抱えればよいという訳ではなく、十分な水準でそれを処理できるどうかも大切です。自分のポテンシャルを判断し、仕事の量や水準を調整する事も仕事の内ですので、仕事を抱え込み過ぎて注意力が足りない、という状況であればしっかりとした調整を行う必要があります。



 仕事で注意力を上げるには、このような方法があります。注意力というのは個人の能力より、注意力を落とさない対応が出来ているかの方が重要になるので、どんな方であっても心がけ次第で改善出来ることでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する