1. 【採用活動のコツ】自社にマッチしている優秀な人材を確実に採用するための方法

【採用活動のコツ】自社にマッチしている優秀な人材を確実に採用するための方法

by HKA, Inc. Public Relations
 企業が将来に渡って成長していくためには、「現在」に注目することに加え「未来」も見通さなければなりません。そして、未来の自社がより社会で重要な位置になれるか否かは、人材の確保にかかっているといっても過言ではありません。

 たとえ、今は優秀な人材が多く好調を維持していたとしても、彼らの代理を果たす人材を適切に確保できなければ、その企業の将来は明るいものにはならないでしょう。そこで、今回は企業が採用活動を進める際、優秀な人材を効率よく集めるためのコツについて紹介していきたいと思います。

1. 欲しい人材像を絞り込む

 求人などを掲載する前に徹底して行うべきことは、今回の採用活動で欲しい人材とは具体的にどういった人なのかを明確に絞り込むことです。採用した人材は数十年以上、自社の発展を左右する重要な存在となることを考えれば、「真面目そう」「積極性が高い」「コミュニケーション能力がありそう」などといった抽象的な基準だけに頼ることは決して良い絞り込み方とは言えません。より自社の経営ビジョンや現在の事業戦略にマッチしていると、判断できる人材を選ぶことが大切です。

 そのためには、採用基準も明確化させておく必要があります。その場で面接官の印象だけで決めてしまうようでは、その時の気分に大きく左右されてしまうため、必ずブレない基準をまとめて共有しておくようにしましょう。

2. ピンポイントな募集を行う

 欲しい人材像を明確に絞り込んだは良いけれど、なかなか求めている人材からの応募が集まらないと悩む企業は少なくありません。そうした企業が見落としがちな点は、募集の方法です。せっかく欲しい人材像を絞り込んだにも関わらず、募集の項目にしっかりと明記していなければ、求めている人材とは異なる応募者が集まってしまったり、優秀な人材の募集をみすみす逃してしまうかもしれません。

 こうした企業側と応募者側の意識のズレは、お互いにとって何のメリットもありませんので、募集をかける際にはピンポイントな募集を心がけてください。

3. 自社のネガティブな情報を伝える

 実際の面接シーンにまで進んだ時に応募者を見極める大切なコツは、わざと自社のネガティブな情報を伝えるという点にあります。面接の時点で良い情報だけを与えてしまうと、入社後に「こんな企業だとは思わなかった」と判断されて、早期の退職につながってしまう可能性があるためです。

 しかし、事前にネガティブな情報を伝えておき、そのときの態度の変化などを詳細に見ることで、その人材が本当に自社に入社したいのかという点を見極めやすくなります。


 就職を希望する人にとって就職活動は一生を左右する重要な場面ですが、それは企業の採用活動も同様です。企業の将来を占う上で優秀な人材の確保は、常に意識しなければならない最重要の課題ですから、十分に考慮して行うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する